事業団について

健やかな長寿社会を目指して、社会貢献を推進しています。

沿革

1961(昭和36)年5月 明治生命保険相互会社より創業80周年記念事業資金積立
1962(昭和37)年4月 明治生命厚生事業団設立準備委員会発会
1962(昭和37)年6月 明治生命本館(千代田区丸の内)内に財団法人明治生命厚生事業団を設立
体力医学研究所・健康相談所の2部門を設置、検診車を配置
1963(昭和38)年8月 明治生命芝別館(港区白金)に移転
1963(昭和38)年11月 体力医学研究所・機関誌「体力研究」を創刊
1965(昭和40)年7月 厚生事業団大阪支部を明治生命館(大阪市東区)内に開設、検診車を配置
1970(昭和45)年4月 保険医療機関に指定
1972(昭和47)年10月 厚生事業団広島支部を明治生命広島支社(広島市袋町)内に開設、検診車を配置
1973(昭和48)年10月 厚生事業団名古屋支部を明治生命名古屋ビル(名古屋市中区)内に開設
検診車を配置(診療所を併設)
1975(昭和50)年9月 健康相談所(診療部門・保険医療機関)を廃止
1975(昭和50)年10月 健康相談所(健診部門)を廃止し、明治生命新宿別館(現在の小田急明治安田生命ビル:新宿区西新宿)に事務局と新宿健診センターを開設
1978(昭和53)年3月 厚生事業団広島支部を閉鎖
1979(昭和54)年3月 厚生事業団大阪支部、名古屋支部を閉鎖
1981(昭和56)年3月 特定公益増進法人(科学技術に関する試験研究を主たる目的とする法人)に指定
1981(昭和56)年8月 体力医学研究所を世田谷区瀬田に仮移転
1983(昭和58)年10月 体力医学研究所を明治生命グリーンランド(八王子市戸吹町)内に移転
1984(昭和59)年7月 研究助成制度を発足
1987(昭和62)年4月 ウェルネス開発室の前身である健康開発部を開設
1989(平成元)年4月 フィットネスルームを開設
1991(平成3)年4月 労働省THP機関認定
1995(平成7)年4月 健康開発部をウェルネス開発グループに名称変更
2004(平成16)年1月 財団法人 明治安田厚生事業団に名称変更
2005(平成17)年4月 ウェルネス開発グループをウェルネス開発室に名称変更
2011(平成23)年4月 学術室を開設
2012(平成24)年8月 公益財団法人 明治安田厚生事業団に移行
2017(平成29年)年4月 新宿健診センターが一般財団法人健康開発財団として分離独立

▲ページの先頭へ戻る