事業団について

健やかな長寿社会を目指して、社会貢献を推進しています。

ホーム > 事業団について > 事業目的

事業目的

 公益財団法人 明治安田厚生事業団は、1962年「国民の健康増進および体位の向上に寄与し、社会の福祉に貢献すること」を設立趣旨とし、明治生命保険相互会社(現在の明治安田生命保険相互会社)の創業80周年記念事業として設立いたしました。設立当初は予防医学および体力医学の研究を行う「体力医学研究所」、そして健康相談と身体機能検査および保健衛生に関する普及啓発を行う「健康相談所」の2事業を基にスタートいたしました。

 その後、体力医学研究所が行なう『体力医学研究事業』、健康相談所の相談業務はウェルネス開発室が行なう『ウェルネス事業』として現在に至っています。なお、若手研究者を対象とした健康科学研究の「研究助成」は体力医学研究事業の一環として行っています。

 1981年に厚生省より公益性を認められて特定公益増進法人証明を得るとともに、2012年からは公益財団法人に移行いたしました。

 このように当事業団は、公衆衛生の向上に資する事業を通じて、広く一般の健康増進を遂行するとともに社会の福祉に貢献し、不特定かつ多数の人々の利益の増進に寄与することを目指しています。

▲ページの先頭へ戻る