健康経営

明治安田厚生事業団は健康経営の推進をサポートします。

ホーム > 健康経営

事業団は、科学的根拠にもとづく健康情報を提供し、
健康経営の立案、実践、効果検証をサポートします。

職場の健康は経営課題

 従業員の健康悪化によって、休職だけでなく勤務中の労働生産性の低下も企業経営に大きな問題となることから、職場の健康づくりは重要な経営課題となります。そこで、今日では健康管理を経営的視点から考え戦略的に実践する「健康経営」に注目が集まっています。

健康経営の実践に向けて

 健康経営では「企業の業績」と「従業員の健康管理」の両立をめざして健康投資を行います。まず経営者自身がリーダーシップをとり、主体的に健康経営のビジョンを示すとともに、健康づくり担当者を置くなど職場の体制整備を行う必要があります。

事業団が考える健康経営

 健康経営を実践する上では、従業員が健康に関する正しい情報を獲得し、理解し、活用する能力(ヘルスリテラシー)を持つとともに、組織のヘルスリテラシーを高めることが大切です。このことは、企業の成長のみならず個々人の健やかで幸福な人生にも繋がります。事業団は健康経営の支援を通じて活力ある社会の実現に貢献したいと願っています。

※「健康経営」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

ウェルネス開発室

 ウェルネス開発室は体力医学研究所と連携して、企業における健康経営の推進をサポートしています。

経営者、健康づくり担当者対象

健康経営セミナー

経営者:健康経営の必要性と取り組み方、情報提供をします。
健康づくり担当者:健康経営のプランニングをステップアップ方式で提供します。

健康経営の認定サポート

健康企業宣言、健康優良企業認定(健康企業宣言東京推進協議会「銀の認定」「金の認定」)、健康経営優良法人認定(経済産業省)に向けて、サポートします。

従業員対象(組み合わせは自由に変えられます。)

単発プログラム

■健康づくりイベント

健康づくり講演会・測定会

  • テーマ例:こころとからだの健康づくり
  • :ポジティブ脳に切り替える
  • :運動と疲労・ストレスの新常識
  • :運動不足の弊害

ロコモティブシンドローム

筋肉バランスやロコモ度テストで運動機能を評価し、改善法を提案します。

メンタルヘルス

疲労度セルフチェックなどと組み合わせ、疲労やストレスの程度を測定します。

快眠

快眠クイズで楽しく学び、快眠に役立つ体操をご紹介します。

メタボリックシンドローム・生活習慣病

健診結果を活かした生活習慣病予防・改善法を提案します。

血管の健康づくり

血管の若々しさを評価します。

継続プログラム

■健康づくりプログラム

 活動状況を把握することは、健康づくりの基本です。「活発さ」だけでなく「座りすぎ」もメンタルヘルスや生活習慣病に大きな影響を与えています。「測定」と「改善プログラム」を組み合わせることで、より確かなプログラムとなり、効果を確認することができます。

身体活動 メンタルヘルス 生活習慣病
測定(現状把握)

●身体活動

身体活動量計を装備し、「座りすぎ」や「活発度」を科学的に評価し、見える化します。

疲労度セルフチェック

ストレス度測定

自律神経バランス測定

気分チェック

客観的な測定で、個々人の気づきを促します。
職場全体の傾向も分析できます。

運動健診

重症化対策として、個人に適した安全で効果的な改善プログラムをご提案します。
健康診断の結果と組み合わせることで、さらに効果的なプログラム作成が可能となります。

改善プログラム

個々人へのアドバイスはもちろん、職場全体の問題点に応じた改善策をご提案します。

リラックス&リフレッシュ体操

オフィスで簡単に行える体操です。朝や午後の職場体操としてお役立てください。

メタボリックシンドロームから生活習慣病、動脈硬化対策まで、継続性が高いプログラムをご提供します。
効果評価 効果測定を実施し、改善プログラムの取り組み成果を評価します。

※プログラムに併記されている●は身体活動 ●はメンタルヘルス ●は生活習慣予防・改善に関連する内容です。

※プログラムの費用は基本的に派遣スタッフ、交通費、測定にかかる消耗品代、測定機器の運搬費等です。プログラム立案と同時に、お見積りします。

体力医学研究所

 体力医学研究所は、ウェルネス開発室と連携して、運動・身体活動・座位行動を中心に、健康経営に役立つ科学的エビデンスを提供します。

研究成果の紹介

メンタルヘルス対策に役立つ運動

働く人の座りすぎと健康

睡眠に効く運動

脳に効く運動

働く女性の健康づくり

健康づくりと運動

仕事と介護の両立

▲ページの先頭へ戻る