体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 公的研究費の不正使用・研究活動の不正行為防止について

公的研究費の不正使用・研究活動の不正行為防止について

 公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所(以下、当研究所)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日(平成26年2月18日改正)文部科学大臣決定)」および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日)」に基づき、不正を防止するための体制整備についての取り組みを行う。

○参考資料 研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(文部科学省通知) 研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(文部科学省通知)

行動規範

 当研究所は社会に対して責任ある行動をとるための行動規範を定める。

    行動規範について

責任体制

 研究活動における最高管理責任者は、体力医学研究所所長とする。最高管理責任者は、公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為に対する防止策を策定し周知する。

基本方針・不正防止計画の策定および実施

(基本方針)

  • ○当研究所の責任の所在、関係ルールについて周知および公表する。
  • ○公的研究費を適正に執行し管理する方策を立てる。
  • ○公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為に対する相談・通報窓口の設置、調査体制を構築する。
  • ○実効性のある内部監査を実施する。
  • ○公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為を防止する取り組みを行う。
公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為の防止と調査・懲戒手続きについて
調査規程について

公的研究費の適正な運営・管理

 公的研究費等の取り扱いに関して、その基本方針を定め、適切な運営・管理を実施するとともに、不正使用防止に努める。

公的研究費の適正な運営・管理体制について

内部監査体制

 公的研究費の適正な管理の為、モニタリングおよび監査体制を整備し、監査を実施する。モニタリングにより得られた情報をもとに不正を発生させる要因を分析し、必要に応じて監査計画の見直しを行う。

相談・通報窓口の設置

 公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為に関し、当研究所内外からの相談や通報に対応するための窓口は公益財団法人明治安田厚生事業団ウェルネス開発室に置く。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-8-3
 TEL:03-3349-2741
 FAX:03-3349-2735

(不正使用に係る事案の調査および懲戒等)
 公的研究費等の不正使用および研究活動における不正行為に係る事案の調査および不正に関与した者並びに関与業者の処分手続き・公表は、「公益財団法人明治安田厚生事業団コンプライアンス規定」および「職員就業規則」等に基づき迅速に実施する。

取引業者からの誓約書の徴収

 当研究所と取引をするにあたり、「公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所との取引に関する基本事項」を定め、これを遵守し誓約書(確認書)を提出した者とのみ取引をする。誓約書の提出は、一定件数以上の取引のある業者とする。

公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所との取引に関する基本事項
取引における確認書のご提出について(依頼書)
公益財団法人明治安田厚生事業団体力医学研究所との取引における確認書
公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る