体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 復興支援 > 運動を活用した心と体の健康づくり

復興支援

復興支援 運動を活用した心と体の健康づくり

 研究所では、2011年の震災発生直後より世界の医療団日本(認定NPO法人)の医療支援「こころのケア」活動に参加しました。
 この活動は2014年9月をもって終了し、その間、岩手県上閉伊郡大槌町に研究員やスタッフを派遣し、身体運動を活用して被災地の復興と被災者の皆さまの健康づくりのお手伝いをさせていただきました。それらの活動が現地の復興支援に些かでもお役に立てたのであれば幸甚に存じます。
 被災者の皆様ならびに現地支援者各位の今後のご健康を心より祈念いたします。

東日本大震災支援プロジェクト
ニココロPROJECT 岩手県大槌町~こころのケア活動 活動報告書(4.9MB)
(世界の医療団日本(認定NPO法人))

これまでの活動

2011年4~6月

避難所でストレッチ
避難所でストレッチ

 体を介した心のセルフケアを目指して、心と体をほぐすためのストレッチやボディワーク、リラクゼーションを実践しました。

主な活動

避難所の巡回指導、施設職員等への支援、高校の体育授業など

2011年11月~2012年3月

仮設住宅の集会所で運動教室
仮設住宅の集会所で運動教室

 社会福祉協議会や仮設住宅支援員と協力して、運動教室を開催しています。住民同士のコミュニケーションを活性化し、心と体が元気になるような運動を目指しています。

主な活動

仮設住宅集会所や高齢者施設での運動教室、施設職員等への支援など

体と心のコリをほぐす運動

研究所がお勧めしている運動をご紹介します。

印刷用ダウンロード(1.9MB)

  1. 眠る前の準備体操
  2. のばしてカラダをほぐす
  3. ふれてカラダをほぐす
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る