体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第61回アメリカスポーツ医学会レポート

研究所ニュース

第61回アメリカスポーツ医学会レポート

 5月にアメリカのオーランドで開催されたアメリカスポーツ医学会で、研究成果を発表しました。

名称:American College of Sports Medicine 61th Annual Meeting:ACSM
日時:2014年5月27日~31日
会場:Orange County Convention Center(Orlando, America)

レポート:須藤(安藤)みず紀

 アメリカスポーツ医学会にて、2型糖尿病ラットにおける慢性的なダウンヒルランニングの効果について研究発表を行いました。世界的にも罹患率の高い糖尿病ですが、糖尿病を発症した骨格筋と運動の関係について、未解明な点が多く、生化学的なエビデンスが少ないのが現状です。本研究では、2型糖尿病を発症したラットの骨格筋に対してダウンヒルランニングの繰り返し運動が、物理的ストレスに対する抵抗性を向上させることが明らかとなりました。これらの成果が糖尿病に対する新たな運動療法の開発に繋がるよう、今後も研究を継続していきます。

更新日:2014年11月7日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る