体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第19回ヨーロッパスポーツ科学学会レポート

研究所ニュース

第19回ヨーロッパスポーツ科学学会レポート

 7月にオランダのアムステルダムで開催されたヨーロッパスポーツ科学学会で、研究成果を発表しました。

名称:19th Annual Congress of European College of Sport Science:ECSS
日時:2014年7月2日~5日
会場:Amsterdam RAI Convention Centre(Amsterdam, Nederland)

レポート:須藤(安藤)みず紀

 ヨーロッパスポーツ科学学会にて、最大運動直後における認知機能の検証について研究発表を行いました。運動と認知機能の関係は、数多くの先行研究から明らかにされています。しかし、最大運動による疲労困憊状態における認知機能、気分の変化に関する詳細は明らかではありません。本研究において、最大運動は,認知機能を向上させ、同時に気分の変化をもたらすことが明らかとなりました。発表会場からは、それらの変化がどのくらい持続するのか?という質疑を頂き、活発なディスカッションを実施することができました。今後は、これらの現象におけるメカニズムを明らかにすることを目標に更なる研究にチャレンジしていきます。

更新日:2014年11月7日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る