体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第62回アメリカスポーツ医学会レポート

研究所ニュース

第62回アメリカスポーツ医学会レポート

 5月にアメリカ・サンディエゴで開催されたアメリカスポーツ医学会で、研究成果を発表しました。

名称:American College of Sports Medicine 62nd Annual Meeting
日時:2015年5月26日~30日
会場:San Diego Convention Center (San Diego, America)

レポート:中原(権藤)雄一

 大学での運動部活動の参加有無によって、体力や精神的状態に相違がみられるか検討しました。運動部活動に参加している学生は、参加していない学生に比べ体力や精神的健康度、抑うつ度が良好である一方、ストレス対処能力では違いは見られませんでした。本研究は大学1年生を対象としていることから、今後継続的に検討していきたいと思います。

更新日:2015年11月10日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る