体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第28回日本保健福祉学会学術集会レポート

研究所ニュース

第28回日本保健福祉学会学術集会レポート

 10月に京都で開催された日本保健福祉学会学術集会で、研究成果を発表しました。

名称:第28回日本保健福祉学会学術集会
日時:2015年10月3日
会場:同志社大学 今出川キャンパス

レポート:中原(権藤)雄一

 勤労者約9千人を対象に、介護の有無による精神的健康度と身体活動量の特性について検討しました。その結果、介護者は非介護者に比べ精神的健康度が低く、身体活動量は自宅での活動量および総活動量が多いことがわかりました。特に女性介護者は、介護を伴う自宅での活動量が一定のレベルを超えると、精神的健康度の増悪が生じることが示唆されました。なおこの演題は、最優秀学会発表賞に選ばれました。関係各位の皆様に深く感謝申し上げます。

更新日:2015年11月10日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る