体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第10回国際老年医学会、アジア・オセアニア大会レポート

研究所ニュース

第10回国際老年医学会、アジア・オセアニア大会レポート

 10月にタイのチェンマイで開催された第10回国際老年医学会、アジア・オセアニア大会で、研究成果を発表しました。

名称:The 10th International Association of Gerontology and Geriatrics, Asia/Oceania Regional Congress
日時:2015年10月19日~22日
会場:The International Convention and Exhibition Center Commemorating His Majesty’s 7th Cycle Birthday Anniversary(タイ・チェンマイ)

レポート:角田憲治

 農村部の高齢者を対象に「自宅から目的地(商店、友人宅など)まで、歩いて/自転車で行こうと思える距離」を調査しました。8000名を超える調査の結果、多くの高齢者が歩いて行こうと思える距離は1km以内、自転車で行こうと思える距離は2km以内であることが分かりました。先行研究より、自宅周辺に商店や娯楽施設が少ない高齢者は、身体活動量が少なく、心理的にふさぎ込みやすいことが分かっています。近隣に目的地となるような施設がない高齢者に対しては、積極的な交通の支援が望まれます。

更新日:2016年2月15日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る