体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 筑波大学「次世代健康スポーツ科学学位プログラム」の授業に協力しました

研究所ニュース

筑波大学「次世代健康スポーツ科学学位プログラム」の授業に協力しました

 筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻(博士後期課程)の「次世代健康スポーツ科学学位プログラム」の授業の一環として、大学院生と先生方が来所されました。

授業概要
日時:2016年2月17日(水)
来所者:大学院生4名と引率教員3名

 筑波大学では、「ヒューマン・ハイ・パフォーマンスを実現する革新的な研究を推進してその成果を社会に実装できる博士人材を養成する」ための学位プログラムがスタートしています。当研究所は「学術研究をとおした社会貢献」への理解を深めてもらうため、授業に協力しました。
 まず永松所長が当研究所の歴史やミッションについて説明し、それから施設を見学しました。その後は、大学院生の皆さんと当研究所の研究員双方が、行っている研究の概要をプレゼンし、学術研究と社会とのかかわりについて意見交換を行いました。
 初めての試みでしたが、大学院生の皆さんの研究内容や研究に対する熱意に刺激をいただきました。また、各研究員が自分にとって社会貢献とは何かを改めて考える機会となりました。貴重な機会をつくってくださった、筑波大学の征矢英昭先生、坂入洋右先生、松井崇先生に心から感謝いたします。

更新日:2016年4月4日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る