体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第63回 アメリカスポーツ医学会レポート

研究所ニュース

第63回 アメリカスポーツ医学会レポート

 5月にアメリカのボストンで開催されたアメリカスポーツ医学学会で、研究成果を発表しました。

名称:American College of Sports Medicine 63rd Annual Meeting
日時:2016年5月31日~6月4日
会場:Hynes Convention Center and the Sheraton Boston Hotel (Boston, USA)

レポート:須藤みず紀

 「低酸素環境下における運動が認知機能と情動の変化に及ぼす影響」について研究発表を行いました。低酸素環境下での運動実施後、常酸素環境に曝露した状況において、認知機能のパフォーマンスが運動実施前と比較して維持されるだけでなく、ネガティブな感情が抑制されることも明らかとなりました。これらの詳細なメカニズムは不明です。今後も、メンタルヘルスの向上を目指した環境と運動の組み合わせ条件を推考し、その機構解明を進めていこうと思います。

更新日:2016年11月10日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る