体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第19回日本運動疫学会レポート

研究所ニュース

第19回日本運動疫学会レポート

 6月に東京で開催された第19回日本運動疫学会で、研究成果を発表しました。

名称:第19回日本運動疫学会学術総会
日時:2016年6月18日~19日
会場:早稲田大学 東伏見キャンパス(東京都)

レポート:甲斐裕子

 定期的な身体活動が心身の健康に有益なことは広く知られています。その一方で、日本人の身体活動は年々低下しており、身体活動をどうやって促進するか?についての研究が求められています。そこで高齢者にターゲットを絞った研究を行い、その成果を報告しました。地域住民から運動支援ボランティアを養成し、地域での運動の拠点(場)づくりを支援したところ、地域全体の高齢者の身体活動量が増加しました。さらに、その効果は介入終了から3年経っても維持していました。なおこの演題は、最優秀演題賞に選ばれました。関係各位の皆様に深く感謝申し上げます。

更新日:2016年11月10日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る