体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第6回国際身体活動公衆衛生会議レポート

研究所ニュース

第6回国際身体活動公衆衛生会議レポート

 2016年11月にタイ王国のバンコクで開催された国際身体活動公衆衛生会議で,研究成果を発表しました。

名称:第6回国際身体活動公衆衛生会議(The 6th ISPAH International Congress on Physical Activity and Public Health)
日時:2016年11月16日~19日
会場:Queen Sirikit National Convention Centre (Bangkok, Thailand)

レポート:神藤隆志

 「タイ人高齢者におけるスクエアステップ実践が身体・認知機能に与える影響」について発表を行いました。スクエアステップは身体・認知機能の向上や転倒予防などの効果が見込めるエクササイズであり,全国,世界で広く実践されています。本研究では,2ヵ月間のスクエアステップ運動教室を開催しました。その結果,運動教室終了後,通常歩行速度は向上がみられましたが,動的バランスを必要とするtimed up and goや認知機能の向上はみられませんでした。本運動教室では少数の基本的なステップパターンしか実践しなかったため,バランス能力や認知機能への効果にはつながらなかった可能性があります。引き続き,効果的な運動プログラムの開発に取り組んでいきたいと思います。

更新日:2017年6月14日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る