体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第24回日本産業ストレス学会レポート

研究所ニュース

第24回日本産業ストレス学会レポート

 11月に東京で開催された第24回日本産業ストレス学会でシンポジストを務めました。

名称:第24回日本産業ストレス学会
日時:2016年11月26日
会場:学術総合センター

レポート:永松俊哉

 勤労者のメンタルヘルス改善策として運動の効用に関心が集まりつつあります。しかし、どのような運動が実用的かつ有効か判然としません。そこで、当研究所で取り組んできた職域での観察研究および介入研究の内容を紹介しながら、メンタルヘルス不調の未然防止に向けた運動の効用について説示しました。海外の先行研究を概観すると、職域メンタルヘルスの一次予防策として運動を活用することには一定の効果が期待できそうですが、日本人を対象とした更なる検証が望まれます。

更新日:2017年6月14日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る