体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第90回日本産業衛生学会レポート

研究所ニュース

第90回日本産業衛生学会レポート

 5月に東京で開催された第90回日本産業衛生学会で、研究成果を発表しました。

名称:第90回日本産業衛生学会
日時:2017年5月11日~13日
会場:東京ビックサイトTFTビル

レポート:甲斐裕子

 近年、従業員の健康増進によって生産性向上を目指す「健康経営」に注目が集まっています。生産性の評価指標のひとつに、出勤はしているが疾病等の理由で生産性が低下している状態を示す「プレゼンティーズム」があります。身体活動は心身の健康に有益であり、プレゼンティーズム予防に役立つ可能性がありますが、ほとんど検証されていません。そこで、身体活動が1年後のプレゼンティーズムに与える影響を検証したところ、移動と余暇で身体活動量が多いと、プレゼンティーズム発生を約2割抑制できることがわかりました。移動や余暇で積極的に体を動かすことは、プレゼンティーズム発生を予防し、生産性向上に寄与するかもしれません。

更新日:2017年6月14日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る