体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第22回 ヨーロッパスポーツ科学学会レポート

研究所ニュース

第22回 ヨーロッパスポーツ科学学会レポート

 7月にドイツのエッセンで開催されたヨーロッパスポーツ科学学会にて、研究成果を発表しました。

名称:22nd Annual Congress of the European College of Sport Science
日時:2017年7月5日~8日
会場:Messe Essen (Essen, Germany)

 「中強度、および疲労困憊運動後の感情と生理的ストレス応答の関連性」の研究成果について発表を行いました。疲労困憊運動後のリラックス感の低下は、血液中のアドレナリン濃度とストレス応答物質であるコルチゾール濃度の増加と関連することがわかりました。これらは、中強度の運動実施では見られない現象でした。これらの結果から、強い生理的ストレスは感情に影響を及ぼしやすいことが示唆されました。今後も、アンケートによる感情評価と生体内の生理的応答の関連性について明確なエビデンスを示せるよう研究活動を続けていきます。

更新日:2017年9月29日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る