体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究所ニュース > 第25回 日本運動生理学会レポート

研究所ニュース

第25回 日本運動生理学会レポート

 7月に横浜で開催された日本運動生理学会にて、研究成果を発表しました。

名称:第25回日本運動生理学会
日時:2017年7月29日~30日
会場:横浜国立大学 常盤台キャンパス

 「豊かな環境が骨格筋と生理的ストレス応答に及ぼす影響」の研究成果について発表を行いました。動物モデルを対象とした本研究は、飼育環境の違いが生理的ストレスと骨格筋の形態に及ぼす影響について着目しました。自発的な運動を促す環境(豊かな環境)で飼育した動物は、運動実施によるストレス応答は示さなかったにもかかわらず、覚醒レベルに反映するノルアドレナリン濃度の上昇がみられました。さらに後肢筋における筋量増加も示しました。これらは初期の研究結果ではありますが、豊かな環境における新たな効果を示唆しています。今後は、運動、脳、骨格筋の関係性を明確するための研究を進めていきたいと思います。本学会では、学会参加者対抗のフットサル大会が開催されました。自ら運動し、その運動の効果を自ら感じ取る絶好の機会となりました。

更新日:2017年9月29日

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る