体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究活動 > その他刊行物等 > 学術書「運動とメンタルヘルス」

研究活動

その他刊行物等

学術書「運動とメンタルヘルス」

 事業団の設立50周年を記念して、学術書「運動とメンタルヘルス(杏林書院発行)」を刊行しました。
 運動がなぜメンタルヘルスに有効なのか、抑うつやストレスの改善にはどんな運動が効果的かといった内容です。具体的な運動方法を分かりやすく解説した写真イラストも掲載しています。心身の健康増進に取り組む方々の活動の一助になれば幸いです。

運動とメンタルヘルス -心の健康に運動はどう関わるか-

監修:公益財団法人 明治安田厚生事業団  編集:永松俊哉

出版:杏林書院  定価:3,465円(本体価格3,300円)

発行日:2012年8月30日  ISBN:978-4-7644-1133-3

目次

第1章 総 論

1-1 運動とメンタルヘルスに関する研究の動向
1-2 メンタルヘルスと脳機能の関係
-前頭前野におけるコントロール・評価・動機づけの機能-
1-3 運動と脳機能の関係
1-4 運動・スポーツのメンタルヘルス維持改善効果-心理的視点から-
1-5 精神医学における運動の役割
1-6 メンタルヘルス対策としての運動の意義と方針

第2章 各論:運動を用いたライフステージ別のメンタルヘルス支援

2-1 幼児期
2-2 青年期
2-3 成人期
2-4 高齢期
2-5 メンタルヘルスの評価尺度

第3章 具体的な運動実施方法

高齢者にお勧めのプログラム
女性にお勧めのプログラム
アクティブに動きたい方にお勧めのプログラム

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る