体力医学研究所

Physical Fitness Research Institute

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

時代の先駆けとなる健康課題を捉えた研究活動を行い、知見の普及啓発を行っています。

トップページ > 体力医学研究事業 > 体力医学研究所 > 研究活動 > その他刊行物等 > ポジティブ脳に切り替えるストレッチ

研究活動

その他刊行物等

ポジティブ脳に切り替えるストレッチ
うつ・不安に克つテクニック

 たった5分のストレッチで心が前向きになる! 「ポジティブ脳」に切り替わる!
 習慣的な運動がうつや不安を軽くすることは知られていましたが,ストレッチのような短時間のちょっとした運動でも心に効くことが分かってきました。
 本書は,心と運動の関係を紐解き,ストレス解消,緊張緩和,熟睡などに効果的な短時間ストレッチを図解しています。オフィスでできるストレッチもあり,これなら忙しい人でもできます。
 通勤や外勤でのウォーキングは心に効かない,体を動かさないことがストレス耐性を低くするなど驚きの研究成果や,「草食系男子」の誕生と運動に関する著者の自説など,心と運動の関係を解くヒントにあふれています。

著者:永松俊哉(体力医学研究所所長)
版型・ページ数:四六判,176ページ
定価:1,404円(1,300円+税)
ISBNコード:978-4-89589-438-8

目次

ポジティブ脳に切り替えるストレッチ うつ・不安に克つテクニック

プロローグ たった5分のストレッチで脳は切り替わる
第1章 体を動かさないからストレスに弱くなる
第2章 体を動かせばポジティブ脳になれる
第3章 現代社会はストレスが減っている!?
第4章 これが、心に効く運動だ
第5章 心に効くストレッチ実践マニュアル
エピローグ ストレッチでポジティブ脳にする

公的研究費ならびに研究活動の管理について

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る