ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 第11回日本運動処方学会主催講習会レポート

ウェルネス開発室ニュース

第11回日本運動処方学会主催講習会レポート

 10月に岡山県倉敷市で開催された日本運動処方学会主催の健康づくり講習会で講師を務めました。

日時:2013年10月20日
場所:川崎医療福祉大学
テーマ:健診結果を活かした運動処方のケーススタディ(実習)
講師:朽木 勤(ウェルネス開発室室長兼明治安田新宿健診センター副所長)
小野寺 由美子(ウェルネス開発室副室長)

レポート:小野寺 由美子

 第11回日本運動処方学会の一環として行われた健康運動指導士・実践指導者登録更新講習会で、講師を務めました。

 健康運動指導士や管理栄養士など、19名の健康づくり指導者がご参加くださいました。健診結果から得られた健康情報を適切に判断し、安全で効果的な運動処方を行うための手順を紹介しました。一方的な講義形式ではなく、さまざまな事例について少人数のグループごとにディスカッションをしながら行ったため、より実際の現場で活かせる講習会となりました。

更新日:2014年4月1日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る