ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 被災者支援レポート

ウェルネス開発室ニュース

被災者支援レポート

 3月に新宿区で、東日本大震災で避難されている方を対象に「快眠講座」を行いました。

日時:2014年3月13日
場所:新宿けやき園

レポート:加藤 由華

 これまでの被災者支援活動を通じて、都内に避難されている方の中には、慣れない生活のためか、「なかなか寝付けない」「夜中に目が覚め、いろいろ考え事をしてしまう」といった声をよく耳にしました。睡眠とストレスは深い関連があるとされています。内容は睡眠の状況確認や不眠改善のポイントをクイズ形式で理解を深めることに加えて、快眠のための体操を紹介しました。体操の効果を客観的にみるために、体操の前後にストレス度(唾液アミラーゼ活性)を測定しました。参加者の方からは「決まった時間に無理に寝なくても良いことがわかって安心した」「体操が気持ちよかった」などの声が聞かれ、睡眠のための運動の必要性について理解を深めていただきました。

更新日:2014年6月2日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る