ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 小平市中央公民館 キッズメディカルスクールレポート

ウェルネス開発室ニュース

小平市中央公民館 キッズメディカルスクールレポート

 7月に小平市で、小学生を対象に「キッズメディカルスクール・からだ博士になろう!」を行いました。

日時:2014年7月5日
場所:小平市中央公民館

レポート:小野寺 由美子

 小平市中央公民館が主催するジュニア講座「キッズメディカルスクール・からだ博士になろう!」は、3回シリーズで行われました。各回のテーマは、第1回「食べたごはんはどこへ行く?(医学の話)」、第2回「自分の未来を作る食べ物は?(食事の話)」、第3回「ヒトだからできる動きは?(運動の話)」で行われました。ウェルネス開発室では、第3回の講師を務め、小平市在住の小学3~6年生、17名にご参加いただきました。

 内容は、下記のようなテーマのもと、脊椎動物の動きを体験しながら、進化の過程から“ヒト”ならではの動きの特徴を学ぶものです。
①なぜ、立つことができるの?(骨の話)
②なぜ、からだは動くの?(筋肉の話)
③なぜ、うまく動けるの?(脳~神経の話)

 参加者からは、「脊椎動物の分類が理解できた」「ゴロゴロして身体を動かさないと運動オンチになることがわかったので、たくさん身体を動かそうと思った」、高学年からは「学校で習った生物の進化をさらに発展させた内容だったので、楽しかった」などの声が聞かれました。


熱心に話を聞いています

ワニになって動いてみよう!

うまく動けるかな?

更新日:2014年11月7日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る