ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 第69回日本体力医学会レポート

ウェルネス開発室ニュース

第69回日本体力医学会レポート

 9月に長崎で開催された日本体力医学会大会で発表をしてきました。

日時:2014年9月19日~21日
場所:長崎大学文教キャンパス

 体力医学会大会は毎年、国体とともに開催され、夏の国体と秋の国体の間の期間に行われます。今年の会場は長崎県の長崎大学、テーマは「長崎游学~豊かな身体を支える体力医学~」でした。長崎は教会や出島、そして原爆など長い歴史を間近に感じる地でした。

体力医学会はいわゆる体育系と医学系の融合分野で、ウェルネス開発室でも毎年発表を続けています。

レポート:朽木 勤(ウェルネス開発室室長)

テーマ:「自律神経機能と生体ストレスおよび身体活動量との関連」

 自律神経の検査から交感神経が「過度の緊張」にある人たちは、血圧やストレス度の数値が高く、からだにストレスがかかっていることがわかりました。一方で、「軽度の緊張」の人たちは、自律神経の「バランスが良い」人たちや「安静状態」にある人たちに比べて、ストレス度が最も低く、その要因として身体活動量が多いことが示されました。習慣的にからだを動かすことは、活力があってストレスレスに役立つことが期待できそうです。

更新日:2014年11月7日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る