ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

健康づくり講演会レポート

 10~12月にかけて多くのご依頼をいただき、9件の健康づくり講演会を開催しました。

2014年10月7日
“からだ”から心へのリラクセーション
2014年10月9日
ストレスから身を守るリラックス&リフレッシュ術
2014年10月13日~15日
ACSM教習ワークショップ
2014年10月23日
動脈硬化度測定会&血管改善エクササイズ
2014年10月25日
すぎなみスポーツアカデミー 指導者養成講習会
2014年10月28日
働く女性のヘルスアップ
2014年11月13日
ぐっすり眠りスッキリ目覚める快眠法
2014年11月30日
リラックス&リフレッシュ体操
2014年12月3日~4日
動脈硬化度測定会

指導者養成

 (公社)日本フィットネス協会主催のアメリカスポーツ医学会認定資格や、(公財)杉並区スポーツ振興財団主催の(公財)日本体育協会公認資格の取得を目的とした講習会の講師を務めました。フィットネス協会は第28回目を迎える歴史があり、これまで継続して携わってきましたが、杉並区は新たな展開として第1回目の講習会の開催に関わることができました。

地域保健事業

 清瀬市では国民健康保険の加入者を対象とした事業に、今回初めて事業団の「動脈硬化度測定会&血管改善エクササイズ」プログラムを導入していただきました。測定結果を知るだけではなく、ウォーキングによる改善方法を、会場の中を歩いて体験していただきました。

地域健康づくり

 伊勢原市では、平成17年度いせはら健康モデル事業に参加した方を対象に「動脈硬化度測定会」を開催しました。今年で9年目を迎え、ストレス度測定と新たに自律神経測定を加えて行いました。とても寒い時期ではありますが、年末の定例行事のように、毎年みなさん楽しみにお集まりいただいています。

更新日:2015年2月20日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る