ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【自治体】 健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【自治体】 健康づくり講演会レポート

 7月に福島県郡山市で、健康づくり推進員を対象に「ロコモティブシンドロームを防ごう!」をテーマに講演会を行い、89名の方にご参加いただきました。

2015年7月8日
ロコモティブシンドロームを防ごう!

 参加者の方は、日頃から地域の健康づくり推進員として活躍されている意欲的な方々でした。今回のテーマであるロコモティブシンドロームの認知度は、44.4%(2015年度)という現状にありますが、ここでの参加者の多くの方がロコモ予防の大切さを理解されており、健康意識の高さがうかがえました。

 今回は、楽しんでチャレンジできるロコモ予防の運動を紹介しましたが、思っていたよりも自分の身体が動かないことに気づくきっかけにもなったようです。

 参加者の方からは「年齢や対象に合わせてできる運動だった」「ロコモ運動の大切さを感じ、地域の人に伝えたい」など、地区での自主活動への取り組みにつながる声がきかれました。

更新日:2015年11月10日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る