ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 第70回日本体力医学会大会レポート

ウェルネス開発室ニュース

第70回日本体力医学会大会レポート

 9月に和歌山で開催された第70回日本体力医学会大会で発表をしてきました。

日時:2015年9月18日~20日
場所:和歌山県民文化会館・ホテルアバローム紀の国

レポート:小野寺 由美子

 体力医学会大会は体育と医学の融合分野の学術大会で、毎年、国体開催地で行われます。今年は、かつての徳川御三家を偲ばせる和歌山城下を会場とし、テーマは「げん気の国 和歌山」でした。「元・紀伊國」と「運動で紀州を元気にしたい」というメッセージが込められているそうです。和歌山は自然豊かで、出会う人々も温かいところでした。

一般演題

レポート:小野寺 由美子(ウェルネス開発室副室長)

 メンタルヘルスの不調は、不眠と密接に関連していることが知られています。不眠の人が、寝る前や目覚めた時に寝た姿勢でできる簡単な体操を開発しました。その結果、気分が良好となり、高ストレス者はストレス度が軽減することが示されました。睡眠前後に行う簡単な体操が、メンタルヘルスの対策として役立つことが期待できそうです。

更新日:2016年2月15日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る