ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【健康づくり指導者】 健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【健康づくり指導者】 健康づくり講演会レポート

2015年9月21日
アメリカスポーツ医学会講習会
2015年10月28日
世界基準の運動処方技能習得講習会
~慢性疾患に対する運動処方指針~
~肥満に対する運動処方指針~

レポート:朽木 勤

アメリカスポーツ医学会/Health Fitness Instructorの会主催
エクササイズ・フィジオロジスト(EP-C)による知って得するワークショップ
~運動処方 ケーススタディー~

 このセミナーは、これまで東京でのみ開催されていたアメリカスポーツ医学会の教習内容をもとに、広島で初めて行われ、運動処方に関する講座の講師を務めました。参加者の多くはこれからフィットネスインストラクターを目指す専門の学生が多く、世界標準ともいえる内容が今後の彼らの指導に役立ててもらえることを期待します。

日本フィットネス協会主催
世界基準の運動処方技能講習会
~慢性疾患に対する運動処方~
~肥満に対する運動処方指針~

 アメリカスポーツ医学会はスポーツ医科学の世界をリードする学会で、学会発行の「運動処方の指針」は予防医学的な運動を行なうためのバイブルとされます。学会認定資格のExercise Physiologistは世界基準のライセンスで、その認定試験は難関といわれます。これまでに毎年、過去28回にわたって開催されてきた歴史ある教習ワークショップが、より運動処方に自信を持てるためのセミナーに今回リニューアルされました。参加者にはすでに経験豊かな運動指導者も多く、これまでに培った明治安田厚生事業団のこだわりの運動処方も織り交ぜながら、講師を務めさせていただきました。

更新日:2016年2月15日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る