ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【自治体】 健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【自治体】 健康づくり講演会レポート

 12月、1月に伊勢原市で、「動脈硬化度測定会」および「脳トレセミナー」を開催しました。

2015年12月9日~10日
動脈硬化度測定会
2016年1月21日
脳トレセミナー

 伊勢原市で開催する「動脈硬化度測定会」は、平成17年度いせはら健康モデル事業に参加した方々を対象にして、今年で10年目を迎えました。
 今回は10周年を記念して、10年間の動脈硬化度の変化をみるとともに、加齢のチェックとして脚の衰えの指標でもあるロコモティブシンドロームに関する測定も合わせて実施しました。ロコモ度テストでは、ロコモ25、立ち上がりテスト、2ステップテストを行い、中には思い通りに動けないことに驚きを隠せない方もいらっしゃいました。
 後日、動脈硬化度やロコモ度の結果をお返しするとともに、合わせて運動しながら行う脳トレをご紹介しました。血管という中身、ロコモという土台、そして脳という司令塔の総合的な健康づくりの大切さについて解説しました。
 10年目を迎えてもまだまだ元気な参加者のみなさまと、また年末にお会いできるのを楽しみにしています。

更新日:2016年4月4日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る