ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 被災者支援レポート

ウェルネス開発室ニュース

被災者支援レポート

 12月に町田市で行われた広域避難者支援連絡会in東京 広域避難者交流会実行委員会主催の「お正月準備の会in町田」で測定・運動指導を行いました。東日本大震災で被災している方やその支援者、町田市民の方など多くの方が来場されました。

日時:12月26日(土)
場所:町田シバヒロ

 今回、初めて広域避難者交流会実行委員会主催のイベントに支援参加をさせていただきました。当日はお餅つきや屋台のほか、被災した地元に関する○×クイズなどで賑わっていました。その中で私たちは「疲労度セルフチェック」や「ロコモ度テスト」「スタンツ(力試し運動)」を行いました。
 「疲労度セルフチェック」は短時間で簡単に自分の疲労度合がチェックできるため、多くの来場者に参加していただくことができました。また、「ロコモ度テスト」や「スタンツ(力試し運動)」では、様々な動きにチャレンジして、日頃気づかない自分のからだの衰えや運動不足に気づく良いきっかけになったのではないでしょうか。
 会場では、懐かしい人と久々の再会を喜ぶ場面も見受けられ、4年半経ってもまだまだ爪痕は深いと改めて感じました。

更新日:2016年4月4日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る