ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【企業】 健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【企業】 健康づくり講演会レポート

 京王百貨店新宿店のくらしサプリにて、「MCI(軽度認知障害)対策!その場でできる簡単“脳トレ”」を開催しました。

日時:2016年9月28日
場所:京王百貨店新宿店 8階くらしサプリ

 近年、介護の原因として「認知症」が増加しており、 “介護を受ける人は、認知症の人”となる時代が目の前にきています。認知症になる一歩手前の段階を「MCI(軽度認知障害)」といい、このMCIの時に認知機能の低下を予防する生活習慣を実践することが大切であると言われています。
 そこで、今回は生活習慣の中で簡単にできる「運動」をご紹介しました。運動は運動でも、“頭を使いながら”の運動がMCIの予防には、より効果的と考えられています。例えば、“足踏みをしながら、一人じゃんけんをする”というようなことが例に挙げられます。“運動をしながら頭を使う”という慣れないことに、楽しみながらチャレンジしていただきました。

 2016年11月、2017年1月、2017年3月に京王百貨店新宿店のくらしサプリにて、「ロコモティブシンドローム予防」を開催しました。

 2016年11月16日 「伸ばそう!健康寿命」
 2017年  1月19日 「今から始めても遅くない!健康寿命のためのロコモ予防体操」
 2017年  3月  2日 「健康寿命を延ばす!足腰けんこう体操」

 「健康寿命」は自立して過ごせる期間のことで、健康寿命が長ければ自分らしく生活を楽しむことができます。そのためには、特に足腰の健康が大切です。
 足腰が衰えてきた状態を「ロコモティブシンドローム」といいます。「片足立ち上がり」や「片脚立ち」で脚力やバランス能力のチェックをし、自宅でも簡単にできるロコモ予防体操をご紹介しました。
 “いつまでも自分の脚で歩きたい” “今の足腰の状態を少しでも良くできれば・・・”など、思いは人それぞれであると思いますが、多くの方に興味を持ってご参加いただきました。

【企業】 健康づくり講演会レポート

更新日:2017年6月14日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る