ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 第14回日本運動処方学会レポート

ウェルネス開発室ニュース

第14回日本運動処方学会レポート

 兵庫で開催された第14回日本運動処方学会大会で発表をしてきました。

日時:2016年10月22日~23日
場所:兵庫大学

シンポジウム

演者:小野寺 由美子(ウェルネス開発室副室長)
座長:朽木 勤(ウェルネス開発室室長)

テーマ:「高齢地域社会と運動処方」

地域における10年間の継続支援による高齢者の運動処方の取り組み

 神奈川県伊勢原市の住民に対して10年間にわたって継続実施してきた健康づくり支援の取り組みを紹介してきました。このプログラムは当初市が運営する運動施設の効果的な利用法として体力科学と行動科学を合わせた新しい考えのものでした。その時に導入した最新の動脈硬化測定を中心に10年間の縦断的な測定結果をもとに一人ひとりに運動アドバイスを行っています。当事業団、参加者そして自治体いずれもが恩恵を得ることができていることが継続できている大切な要因なのではないかと考えられます。

レポート:小野寺 由美子(ウェルネス開発室副室長)

更新日:2017年6月14日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る