ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【自治体】健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【自治体】健康づくり講演会レポート

 伊勢原市で「動脈硬化度測定会」および「ストレスケアセミナー」を開催しました。

<ストレスチェック制度導入に伴うメンタルヘルス対策>
日時:2016年12月7日~8日    動脈硬化度測定会
   2017年1月11日        ストレスケアセミナー
場所:伊勢原市総合運動公園体育館 および 伊勢原市青少年センター

 平成17年度いせはら健康モデル事業に参加した方々を対象に「動脈硬化度測定会」を開催しました。毎年実施しており、今回で11年目を迎えました。今回は動脈硬化度に加えてストレス度測定と自律神経測定を合わせて行いました。今年の参加者は65名でしたが、そのうち19名の方は11年間一度も欠かさずに連続して測定会にご参加いただいています。後日開催した「ストレスケアセミナー」で皆勤賞の表彰を行い、記念品を差し上げました。
 セミナーでは、測定結果をお返しするとともに、ゆったりリラックスすることを目的とした体操とすっきりリフレッシュすることを目的とした体操をご紹介しました。それぞれ、わずか3分程度でできる体操ですが、リフレッシュ体操の前後で気分の変化をセルフチェックしていただいたところ、イライラ・ピリピリした状態が減り、イキイキ活気にあふれた状態が高まりました。わずかな時間であっても身体から心への快適な刺激となりそうですので、日常生活に積極的に取り入れていただきたいと思います。
 さらに今回は、1週間、身体活動量計を装着していただき、座っている時間を評価しました。最近、座っている時間が長いと代謝や血液の流れに悪影響を及ぼし、たとえ運動習慣を持っていたとしても心疾患やがん、糖尿病になるリスクが高まることが報告されています。
 また来年も、動脈硬化の変化を継続して確認していただくとともに、さまざまな健康情報をお届けしていきたいと思います。

更新日:2017年6月14日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る