ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【公的団体】健康づくり講演会レポート

ウェルネス開発室ニュース

【公的団体】健康づくり講演会レポート

 新宿区で、総務省統計局主催の「ポジティブ脳に切り替えるテクニック」および「その場でわかるからだの衰えチェック」が開催され、講師を務めました。

「ポジティブ脳に切り替えるテクニック」
日時:2017年1月17日
場所:総務省第二庁舎 7階大会議室

 総務省第二庁舎に勤務する職員の方々の福利厚生の一環として、こころの健康づくりに役立つ運動・ストレッチングをご紹介しました。適度な運動が心身の健康増進に有益なことはよく知られていますが、近年の研究では軽い運動でもストレス緩和や睡眠改善に役立つことがわかってきました。このことから、短時間で実施できるストレッチングは、多忙な勤労者のメンタルヘルス対策として実用的と思われます。
 ご担当者からは、「講演の途中でからだを動かすなど、90分に渡る講演を飽きることなく聞くことができた。大変有意義な内容だった。」とのご感想をいただきました。

「その場でわかるからだの衰えチェック」
日時:2017年2月10日
場所:総務省第二庁舎 7階大会議室

 参加者は主にデスクワーク中心の業務のため、運動不足になりやすいと考えられます。今回は、遊び感覚でいろんな動きにチャレンジし、身体の衰えをセルフチェックしました。簡単そうにみえても意外に難しい、そんな動きを楽しみながら脳~神経系を刺激し、健康に必要な体力維持・向上の方法をご紹介しました。
 ご担当者からは、「やり方が理解しやすく、また、自分自身のからだの状況も把握することができ、90分間、楽しく参加できた。できれば、あと30分くらい長く実施したいと思った」とのご感想をいただきました。

更新日:2017年6月14日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る