ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 第45回日本総合健診医学会レポート

ウェルネス開発室ニュース

第45回日本総合健診医学会レポート

 千葉で開催された第45回日本総合健診医学会大会で発表をしてきました。

日時:2017年1月27日~28日
場所:東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

一般演題

テーマ:運動実施状況と動脈硬化指標CAVIの縦断的10年の変化

 10年前に運動教室に参加した中高年を対象に、動脈硬化指標CAVIの縦断的10年の変化を検討したところ、10年間での動脈硬化度の上昇は、横断的に研究された結果からみた加齢による上昇よりも小さく抑えられたことを報告しました。その動脈硬化の抑制要因を検討したところ、有酸素運動の運動実施総量(運動頻度、時間、実施年数)の多寡にしたがって動脈硬化が抑制されることがわかりました。
 10年という長期にわたって測定会に参加していただいたことによって、他にないこのような成果を整理することができました。この継続を断ち切らずに続けていくことで、健康づくりに役立つ多くのことがもっと得られることと期待しています。

レポート:小野寺 由美子(ウェルネス開発室副室長)

更新日:2017年6月14日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る