ウェルネス開発室

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を
目指しています。

最新の健康科学に裏付けられた実践的なプログラムを開発し、健康づくりの普及啓発を目指しています。

トップページ > ウェルネス事業 > ウェルネス開発室 > ウェルネス開発室ニュース > 【公的団体】健康づくり講演会レポート(総務省統計局)

ウェルネス開発室ニュース

【公的団体】健康づくり講演会レポート(総務省統計局)

 9月に新宿区で、総務省統計局主催の講演会「乳がん~検診と治療法~」を行い、約100名の職員の方にご参加いただきました。

「乳がん~検診と治療法~」
日時:2017年9月21日
場所:総務省第二庁舎 7階大会議室

 総務省第二庁舎に勤務する職員の方々の福利厚生の一環として、乳がんの検診、症状や治療法について、講演を実施しました。
 なかでも、最近注目されているマンモグラフィ検査の有用性と問題点、特に“高濃度(密度)乳房=デンスブレスト”について画像をお見せしながらわかりやすく解説し、乳房温存療法や乳房再建についても最新の知見をご紹介しました。
 急遽、仕事の都合をつけて講演会に出席した方もいらっしゃるなど、乳がんに対する関心の高さがうかがえました。
 ご担当者からは、「女性の多い職場であり、乳がんに対する正しい知見を持ってもらうためにも、定期的に開催したい」とのご感想をいただきました。

更新日:2017年10月30日

ページの先頭へ戻る▲ページの先頭へ戻る