公益財団法人 明治安田厚生事業団

お問い合わせ

  • 公益財団法人 明治安田厚生事業団 03-3349-2741(代表)
  • 体力医学研究所 042-691-1163
  • ウェルネス開発室 03-3349-2741

平日9:00~17:00(年末年始、祝休日を除く)

研究者の紹介

渡邊 裕也 博士(学術)
Watanabe Yuya Ph. D.
研究員
専門分野 トレーニング科学、応用健康科学
主な研究テーマ
  • 低負荷レジスタンストレーニング
  • 筋発揮張力維持スロー法
  • サルコペニア
  • フレイル
  • 筋輝度

学歴・経歴

学歴・経歴

北海道札幌市出身

高千穂大学 商学部 商学科卒業

東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程修了

2021年より現職

資格

NSCA-CSCS

健康運動指導士

所属学会

  1. 日本体力医学会
  2. 日本公衆衛生学会
  3. 日本臨床スポーツ医学会
  4. 日本老年医学会
  5. 日本サルコペニア・フレイル学会 (評議員:2020年4月~現在)
  6. 体力・免疫・栄養学会 正会員(編集委員:2019年8月~現在)
  7. 日本肥満学会
  8. 日本運動疫学会

研究業績

原著論文

  1. Watanabe D, Yoshida T, Watanabe Y, Kimura M, Yamada Y, Kyoto-Kameoka Study Group. Doubly labelled water-calibrated energy intake associations with mortality risk among older adults. Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle. 2022 (in press).
  2. Watanabe D, Yoshida T, Watanabe Y, Yamada Y, Miyachi M, Kimura M, Kyoto-Kameoka Study Group. Combined use of sleep quality and duration is more closely associated with mortality risk among older adults: a population-based Kyoto-Kameoka prospective cohort study. Journal of Epidemiology. 2022 (in press).
  3. Watanabe D, Yamada Y, Yoshida T, Watanabe Y, Hatamoto Y, Fujita H, Miyachi M, Kimura M. Association of the interaction between physical activity and sitting time on mortality in older Japanese adults. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 2022 Dec; 32(12): 1757-1767.
  4. Watanabe D, Yoshida T, Yamada Y, Watanabe Y, Yamada M, Fujita H, Nakaya T, Miyachi M, Arai H, Kimura M. Dose-response relationship between life-space mobility and mortality in Japanese older adults: a prospective cohort study. Journal of the American Medical Directors Association. 2022 Nov; 23(11): 1869.e7-1869.e18.
  5. Watanabe D, Yoshida T, Yamada Y, Watanabe Y, Yamada M, Fujita H, Miyachi M, Arai H, Kimura M, Kyoto-Kameoka Study Group. Combined use of two frailty tools in predicting mortality in older adults. Scientific Reports. 2022 Sep; 12(1): 15042.
  6. Watanabe D, Yoshida T, Watanabe Y, Yamada Y, Miyachi M, Kimura M. Validation of the Kihon Checklist and the frailty screening index for frailty defined by the phenotype model in older Japanese adults. BMC Geriatrics. 2022; 22(1): 478.
  7. 渡邊裕也, 来田宣幸, 甲斐義浩, 森原徹. 女子野球選手のバットスイング速度に関連する体力要素. 体力研究. 2022 Apr; 120: 1-8.
  8. Gonno M, Kida N, Nomura T, Matsui M, Azuma Y, Hiramoto M, Hashimoto R, Miyazaki T, Tanaka M, Watanabe Y, Kai Y, Morihara T. Relationship between standing trunk extension angle and medial elbow injuries in young baseball pitchers. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2022 Mar; 19(7): 3895.
  9. Watanabe D, Kurotani K, Yoshida T, Nanri H, Watanabe Y, Date H, Itoi A, Goto C, Ishikawa-Takata K, Kimura M, Miyachi M, the Kyoto-Kameoka Study Group. Diet quality and physical or comprehensive frailty among older adults. European Journal of Nutrition. 2022 Feb; 1-12.
  10. 渡邊裕也, 来田宣之, 甲斐義浩, 森原徹. 筋発揮張力維持スロー法で行う上肢ゴムバンドエクササイズにおける筋活動動態. 運動器リハビリテーション. 2021; 32(4): 422-428.
  11. Watanabe D, Kurotani K, Yoshida T, Nanri H, Watanabe Y, Date H, Itoi A, Goto C, Ishikawa-Takata K, Kikutani T, Yoshida M, Fujita H, Yamada Y, Kimura M, Kyoto-Kameoka Study Group. Adherence to the food-based Japanese dietary guidelines and prevalence of poor oral health-related quality of life among older Japanese adults in the Kyoto-Kameoka study. The British Journal of Nutrition. 2021 Aug; 1-10.
  12. 満石寿, 青木好子, 渡邊裕也,山田陽介. 幼児の実行機能と体力との関係-幼稚園年長児クラスを対象として-,学校メンタルヘルス. 2021;23(2):222-33.
  13. 権野めぐみ, 来田宣幸, 野村照夫, 松井知之, 東善一, 平本真知子, 橋本留緒, 幸田仁志, 渡邊裕也, 甲斐義浩, 瀬尾和弥, 森原徹.体幹後屈角度と体幹・下肢障害および全身の各関節可動域の関係:ジュニアアスリートを対象として. 京都滋賀体育学研究. 2020;36:20-8.
  14. 渡邊裕也, 来田宣幸, 谷本道哉, 石井直方. 高齢者における自体重レジスタンスエクササイズ実施時の筋活動動態および乳酸応答:筋発揮張力維持スロー法と通常法の比較. 体力・栄養・免疫学雑誌. 2020;(1):36-45.
  15. 渡邊裕也, 山縣恵美, 木村みさか. 自立高齢者と要支援・要介護認定高齢者における下肢骨格筋の量, 質, 運動機能の比較. 応用老年学. 2020;14(1):58-68.
  16. Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Misaka Kimura. Objectively measured daily step counts and prevalence of frailty in 3616 older adults. Journal of the American Geriatrics Society. 2020 Oct;68(10):2310-8.
  17. Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Yasuko Yoshinaka, Yuya Watanabe, Takeshi Kikutani, Mitsuyoshi Yoshida, YosukeYamada, Misaka Kimura. Association between mixing ability of masticatory functions measured using color-changing chewing gum and frailty among Japanese older adults: The Kyoto-Kameoka Study. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020 Jun 24;17(12):4555.
  18. Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Hinako Nanri, Yuya Watanabe, Heiwa Date, Aya Itoi, Chiho Goto, Kazuko Ishikawa-Takata, Hiroyuki Sagayama, Naoyuki Ebine, Hisamine Kobayashi, Misaka Kimura, Yosuke Yamada, for Kyoto-Kameoka Study. Association between the prevalence of frailty and doubly labeled water-calibrated energy intake among community-dwelling older adults. The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences. 2020 Jun 3; glaa133.
  19. Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Misaka Kimura, and Kyoto-Kameoka Study Group. A U-shaped relationship between the prevalence of frailty and body mass index in community-dwelling Japanese older adults: The Kyoto–Kameoka Study. Journal of clinical medicine. 2020, 9(5), 1367.
  20. 山縣恵美, 渡邊裕也, 木村みさか, 桝本妙子, 杉原百合子, 小松光代, 岡山寧子. 体力測定会参加の高齢者における閉じこもりに関する状態の2年間の変化と関連要因. 日本公衆衛生雑誌. 2020; 67(6): 369-79.
  21. 渡邊裕也, 吉田司, 吉中康子, 横山慶一, 山田陽介, 三宅基子, 木村みさか. 軽費老人ホーム利用者における5年間の身体機能の変化-自立維持者と要介護等認定者の比較. 応用老年学. 2019; 13(1): 44-53.
  22. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Motoko Miyake, Emi Yamagata, Minoru Yamada, Yasuko Yoshinaka, Misaka Kimura. Comprehensive geriatric intervention in community-dwelling older adults: A cluster-randomized controlled trial. The Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle. 2020 Feb;11(1):26-37.
  23. Mitsuhiro Masaki, Tome Ikezoe, Ko Yanase, Xiang Ji, Jun Umehara, Junichi Aoyama, Seigo Minami, Yoshihiro Fukumoto, Yuya Watanabe, Misaka Kimura, Noriaki Ichihashi. Association of pain history and current pain with sagittal spinal alignment and muscle stiffness and muscle mass of the back muscles in middle-aged and elderly women. Clinical Spine Surgery. 2019 Aug; 32(7):E346-E352.
  24. Daiki Watanabe, Hinako Nanri, Hiroyuki Sagayama, Tsukasa Yoshida, Aya Itoi, Miwa Yamaguchi, Keiichi Yokoyama, Yuya Watanabe, Chiho Goto, Naoyuki Ebine, Yasuki Higaki, Kazuko Ishikawa-Takata, Misaka Kimura, Yosuke Yamada, and Kyoto-Kameoka Study Group. Estimation of energy intake by a food frequency questionnaire: Calibration and validation with the doubly labeled water method in Japanese older people. Nutrients. 2019 Jul 9;11(7):1546.
  25. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Tomoyuki Matsui, Kazuya Seo, Yoshikazu Azuma, Machiko Hiramoto, Yuichiro Miura, Hideaki Fukushima, Akito Shimazu, Toshiaki Eto, Homare Saotome, Noriyuki Kida, Toru Morihara. Relationship between physical fitness at the end of pre-season and the in-season game performance in Japanese female professional baseball players. Journal of Strength and Conditioning Research. 2019; 33(6):1580-8.
  26. Hinako Nanri, Yosuke Yamada, Aya Itoi, Emi Yamagata, Yuya Watanabe, Tsukasa Yoshida, Motoko Miyake, Heiwa Date, Kazuko Ishikawa-Takata, Mitsuyoshi Yoshida, Takeshi Kikutani, Misaka Kimura for Kameoka Study Group. Consumption of green tea but not coffee is associated with the oral health-related quality of life among an older Japanese population: Kyoto-Kameoka cross-sectional study. European Journal of Clinical Nutrition. 2019;73(4):577-84.
  27. Machiko Hiramoto, Toru Morihara, Yoshikazu Kida, Tomoyuki Matsui, Yoshikazu Azuma, Kazuya Seo, Tetsuya Miyazaki, Yuya Watanabe, Yoshihiro Kai, Yosuke Yamada, Noriyuki Kida, Shuhei Morifusa. Hip, Trunk, and Shoulder Rotational Range of Motion in Healthy Japanese Youth and High-school Baseball Pitchers. Progress in Rehabilitation Medicine. 2019;4:1-9.
  28. 瀬尾和弥, 森原徹, 松井知之, 東善一, 平本真知子, 渡邊裕也, 来田宣幸, 甲斐義浩, 木田圭重, 久保俊一. 肘関節後方障害を有する高校生投手の投球動作における下肢・体幹運動. 運動器リハビリテーション. 2018;29(4):447-53.
  29. Yoshihiro Fukumoto, Yosuke Yamada, Tome Ikezoe, Yuya Watanabe, Masashi Taniguchi, Shoichiro Sawano, Seigo Minami, Tsuyoshi Asai, Misaka Kimura, Noriaki Ichihashi. Association of physical activity with age-related changes in muscle echo intensity in older adults: A 4-year longitudinal study. Journal of Applied Physiology. 2018 Nov 1;125(5):1468-74.
  30. Yuya Watanabe, Masahiro Ikenaga, Eiichi Yoshimura, Yosuke Yamada, Misaka Kimura. Association between ultrasonography echo intensity and attenuation of computed tomography in young and older adults. Clinical Interventions in Aging. 2018 Oct 2;13:1871-8.
  31. Hinako Nanri, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Yuki Okabe, Yoshizu Nozawa, Aya Itoi, Eiichi Yoshimura, Yuya Watanabe, Miwa Yamaguchi, Keiichi Yokoyama, Kazuko Ishikawa-Takata, Hisamine Kobayashi, Misaka Kimura for Kyoto-Kameoka Study Group. Sex difference in the association between protein intake and frailty: Assessed using the Kihon Checklist Indexes among older adults. Journal of the American Medical Directors Association. 2018 Sep;19(9):801-5.
  32. Yoko Shiotsu, Yuya Watanabe, Shotaro Tujii, Masahiko Yanagita. Effect of exercise order of combined aerobic and resistance training on arterial stiffness in older men. Experimental Gerontology. 2018 Oct 1;111:27-34.
  33. Masafumi Kuzuya, Ken Sugimoto, Takao Suzuki, Yuya Watanabe, Kiyotaka Kamibayashi, Toshiyuki Kurihara, Masahiro Fujimoto and Hidenori Arai. Clinical Guidelines for Sarcopenia, Chapter 3 Prevention of sarcopenia. Geriatrics & Gerontology International. 2018 May;18 Suppl 1:23-7.
  34. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Keiichi Yokoyama, Tsukasa Yoshida, Yasuko Yoshinaka, Mie Yoshimoto, Yoko Tanaka, Aya Itoi, Emi Yamagata, Naoyuki Ebine, Kazuko Ishikawa-Takata, Misaka Kimura. Comprehensive geriatric intervention program with and without weekly class-style exercise: Research protocol of a cluster randomized control trial in Kyoto-Kameoka Study. Clinical Interventions in Aging. 2018 May 24;13:1019-33.
  35. Miwa Yamaguchi, Tsukasa Yoshida, Yosuke Yamada, Yuya Watanabe, Hinako Nanri, Keiichi Yokoyama, Heiwa Date, Motoko Miyake, Aya Itoi, Emi Yamagata, Taeko Masumoto, Yasuko Okayama, Yasuko Yoshinaka, Misaka Kimura and Kyoto-Kameoka study group. Sociodemographic and physical predictors of non-participation in community based physical checkup among older neighbors: A case-control study from the Kyoto-Kameoka Longitudinal Study, Japan. BMC Public Health. 2018 May 2;18(1):568.
  36. 平本真知子, 森原徹, 松井知之, 東善一, 瀬尾和弥, 宮崎哲哉, 渡邊裕也, 山田陽介, 来田宣幸, 盛房周平. 球種と肩肘の投球障害との関係. 日本臨床スポーツ医学会誌. 2018;26(2):230-5.
  37. 山縣恵美, 小松光代, 杉原百合子, 渡邊裕也, 木村みさか, 井上恒男, 岡山寧子. 閉じこもり傾向にある高齢者の教室型プログラム参加につながる要因と継続要因. 老年社会科学. 2018;40(1):42-53.
  38. Miwa Yamaguchi, Yosuke Yamada, Hinako Nanri, Yoshizu Nozawa, Aya Itoi, Eiichi Yoshimura, Yuya Watanabe, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Chiho Goto, Kazuko Ishikawa-Takata, Hisamine Kobayashi, Misaka Kimura. Association between the frequency of protein-rich food intakes and Kihon-checklist frailty indices, in older Japanese adults: The Kyoto-Kameoka study. Nutrients. 2018 Jan 13;10(1):84.
  39. Michiya Tanimoto, Yuya Watanabe, Hiroshi Arakawa. Effects of vocalization when standing-up from a sitting position in a chair among healthy elderly people. International Journal of Sport and Health Science. 2018;l6:10-8.
  40. Hinako Nanri, Yosuke Yamada, Aya Itoi, Emi Yamagata, Yuya Watanabe, Tsukasa Yoshida, Motoko Miyake, Heiwa Date, Kazuko Ishikawa-Takata, Mitsuyoshi Yoshida, Takeshi Kikutani, Misaka Kimura. Frequency of fruit and vegetable consumption and the oral health-related quality of life among Japanese elderly: A cross-sectional study from the Kyoto-Kameoka study. Nutrients. 2017 Dec 15;9(12):1362.
  41. Machiko Hiramoto, Toru Morihara, Tomoyuki Matsui, Yoshikazu Azuma, Kazuya Seo, Tetsuya Miyazaki, Toshiaki Eto, Yuya Watanabe, Takeshi Sukenari, Yosuke Yamada, Shuhei Morifusa, Noriyuki Kida. Characteristics of range of motion among women pro baseball players: A comparison with university men. Advances in Physical Education. 2017;7:418-24.
  42. Yosuke Yamada, Hinako Nanri, Yuya Watanabe, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Aya Itoi, Heiwa Date, Miwa Yamaguchi, Motoko Miyake, Emi Yamagata, Hajime Tamiya, Miho Nishimura, Mami Fujibayashi, Naoyuki Ebine, Mitsuyoshi Yoshida, Takeshi Kikutani, Eiichi Yoshimura, Kazuko Ishikawa-Takata, Minoru Yamada, Tomoki Nakaya, Yasuko Yoshinaka, Yoshinori Fujiwara, Hidenori Arai, Misaka Kimura. Prevalence of frailty assessed by Fried and Kihon checklist indexes in a prospective cohort study: Design and demographics of the Kyoto-Kameoka longitudinal study. Journal of the American Medical Directors Association. 2017 Aug 1;18(8):733.e7-733.e15.
  43. Masashi Taniguchi, Yosuke Yamada, Yoshihiro Fukumoto, Shinichiro Sawano, Seigo Minami, Tome Ikezoe, Yuya Watanabe, Misaka Kimura, Noriaki Ichihashi. Increase in echo intensity and extracellular-to-intracellular water ratio is independently associated with muscle weakness in elderly women. European Journal of Applied Physiology. 2017 Oct;117(10):2001-7.
  44. Tsukasa Yoshida, Misaka Kimura, Yosuke Yamada, Keiichi Yokoyama, Tatsuro Ishihara, Yasuko Yoshinaka, Aya Itoi, Yuya Watanabe, Noriyuki Kida, Teruo Nomura. Fitness age score and the risk of long-term care insurance certification - The Kyoto-Kameoka longitudinal study. Open Journal of Epidemiology. 2017;7:190-200.
  45. 青木好子, 金子眞理, 磯野眞紀子, 渡邊裕也, 山田陽介, 木村みさか. 幼児における身体活動量と体力の関係- 一日に必要な歩数, 身体活動指数, 運動強度別時間の検討-. ウォーキング研究. 2017;20:79-87.
  46. Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Yuya Watanabe, Motoko Miyake, Emi Yamagata, Minoru Yamada, Misaka Kimura, Kyoto-Kameoka Study. The extracellular to intracellular water ratio in upper legs is negatively associated with skeletal muscle strength and gait speed in older people. The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences. 2017 Mar 1;72(3):293-8.
  47. 吉田司, 木村みさか, 渡邊裕也, 三宅基子, 横山慶一, 吉中康子, 海老根直之, 菊谷武, 吉田光由, 高田和子, 山田実, 山田陽介, 来田宣幸, 野村照夫. 地域自立高齢者1,379人におけるフレイル判定の方法による妥当率の差異-亀岡スタディ-. 健康支援. 2017;19(1):9-18.
  48. Junta Iguchi, Yuya Watanabe, Misaka Kimura, Yoshihiko Fujisawa, Tatsuya Hojo, Yasuhiro Yuasa, Shinsuke Higashi, Kenji Kuzuhara. Risk factors for injury among Japanese collegiate players of American football based on performance test results. Journal of Strength and Conditioning Research. 2016 Dec;30(12):3405-3411.
  49. Kojiro Araki, Tome Ikezoe, Katarzyna Malinowska, Mitsuhiro Masaki, Yusuke Okita, Yoshihiro Fukumoto, Misaka Kimura, Yuya Watanabe, Kiyoshi Kita, Tadao Tsuboyama, Noriaki Ichihashi. Association between physical function and the load pattern during stepping-up motion in community-dwelling elderly women. Archives of Gerontology and Geriatrics. 2016 Sep-Oct;66:205-10.
  50. 續田尚美, 渡邊裕也, 横山慶一, 吉中康子, 木村みさか, 岡山寧子. 健常な成人における歩行中の掛け声と歩行リズムの関係. 日本生理人類学会誌. 2016; 21(2):51-8.
  51. 平本真知子, 森原徹, 松井知之, 東善一, 瀬尾和弥, 宮崎哲哉, 三浦雄一郎, 渡邊裕也, 山田陽介, 来田宣幸, 盛房周平. 女子プロ野球選手における身体機能とパフォーマンス及びスポーツ障害との関係. 京都滋賀体育学研究. 2016;32:3-14.
  52. Yuya Watanabe, Michiya Tanimoto, Naoko Oba, Kiyoshi Sanada, Motohiko Miyachi, Naokata Ishii. Effect of resistance training using bodyweight in the elderly: Comparison of resistance exercise movement between slow and normal speed movement. Geriatrics & Gerontology International. 2015 Dec;15(12):1270-7.
  53. 桝本妙子, 山田陽介, 山田実, 中谷友樹, 三宅基子, 渡邊裕也, 吉田司, 横山慶一, 山縣恵美, 伊達平和, 南里妃名子, 小松光代, 吉中康子, 藤原佳典, 岡山寧子, 木村みさか. 地域在住自立高齢者における転倒リスクの関連要因とその性差 亀岡スタディ. 日本公衆衛生雑誌. 2015;62(8):390-401.
  54. 三宅基子, 渡邊裕也, 木村みさか. 地域高齢者における散歩の現状と散歩行動に影響を及ぼすソーシャルキャピタル要因に関する研究. レジャー・レクリエーション研究. 2015;76: 5-13.
  55. Yuya Watanabe, Haruhiko Madarame, Riki Ogasawara, Koichi Nakazato, Naokata Ishii. Effect of very low-intensity resistance training with slow movement on muscle size and strength in healthy older adults. Clinical Physiology and Functional Imaging. 2014 Nov;34(6):463-70.
  56. Fuminori Kawabata, Mitsuo Neya, Kei Hamazaki, Yuya Watanabe, Satoru Kobayashi, Tomoko Tsuji. Supplementation with eicosapentaenoic acid-rich fish oil improves exercise economy and reduces perceived exertion during submaximal steady-state exercise in normal healthy untrained men. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2014;78(12):2081-8.
  57. 山縣恵美, 木村みさか, 三宅基子, 山田陽介, 桝本妙子, 渡邊裕也, 吉田司, 横山慶一, 吉中康子, 杉原百合子, 小松光代, 岡山寧子, 井上恒男. 地域に在住する自立高齢者における閉じこもりリスクの実態と体力との関連. 日本公衆衛生雑誌. 2014;61(11):671-8.
  58. 渡邊裕也, 山田陽介, 三宅基子, 木村みさか, 石井直方. 高齢者向けの運動教室が参加者の身体機能と医療費に及ぼす効果. 厚生の指標. 2013;60(11):26-32.
  59. Yosuke Yamada, Yuya Watanabe, Masahiro Ikenaga, Keiichi Yokoyama, Tsukasa Yoshida, Taketoshi Morimoto, Misaka Kimura. Comparison of single- or multifrequency bioelectrical impedance analysis and spectroscopy for assessment of appendicular skeletal muscle in the elderly. Journal of Applied Physiology. 2013 Sep;115(6):812-8.
  60. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Yoshihiro Fukumoto, Tasturo Ishihara, Keiichi Yokoyama, Tsukasa Yoshida, Motoko Miyake, Emi Yamagata, Misaka Kimura. Echo intensity obtained from ultrasonography images reflecting muscle strength in elderly men. Clinical Interventions in Aging. 2013;8:993-8.
  61. Yuya Watanabe, Michiya Tanimoto, Akane Ohgane, Kiyoshi Sanada, Motohiko Miyachi, Naokata Ishii. Increased muscle size and strength from slow-movement, low-intensity resistance exercise and tonic force generation. Journal of Aging and Physical Activity. 2013 Jan;21(1):71-84.

総説

  1. 渡邊裕也. 地域におけるサルコペニア. レジデント. 2020;13(3): 99-108.
  2. 渡邊裕也. サルコペニア診療ガイドライン2017のポイント:予防. Nutrition Care. 2019;12(2):84-7.
  3. 渡邊裕也. 汎用性の高い筋力トレーニング. 京都リハビリテーション医学研究会会誌. 2019;5:10-3.
  4. 渡邊裕也, 石井好二郎. サルコペニア・フレイルの予防. Modern Physician. 2018;38(4):349-52.
  5. 山縣恵美, 渡邊裕也. 地域在住高齢者に対するフレイル対策. 地域リハビリテーション. 2018;13(3):180-6.

その他の学術論文

  1. 渡邊裕也. 筋発揮張力維持スロー法を応用した低負荷レジスタンストレーニング. BIO Clinica; 36(13): 90-94.
  2. 山本ちさと, 松井知之, 橋本留緒, 宮﨑哲哉, 辰田明紀, 東善一, 平本真知子, 瀬尾和弥, 権野めぐみ, 来田宣幸, 渡邊裕也, 森原徹. バレーボールチームのメディカルチェックとインタビュー調査―医療機関と学校との連携に向けて―. 同志社スポーツ健康科学. 2021; 13: 40-48.
  3. 渡邊裕也, 池永昌弘. 超音波法およびCT法を用いた地域在住高齢者における下肢骨格筋の量的, 質的評価―高体力者と低体力者の比較―. 同志社スポーツ健康科学. 2021; 13: 49-57.
  4. 渡邊裕也, 池永昌弘. 超音波法およびCT法を用いた地域在住高齢者における下肢骨格筋の量的, 質的評価―高体力者と低体力者の比較―. 同志社スポーツ健康科学(印刷中).
  5. 山本ちさと, 松井知之, 橋本留緒, 宮﨑哲哉, 辰田明紀, 東善一, 平本真知子, 瀬尾和弥, 権野めぐみ, 来田宣幸, 渡邊裕也, 森原徹. バレーボールチームのメディカルチェックとインタビュー調査―医療機関と学校との連携に向けて―. 同志社スポーツ健康科学(印刷中).
  6. 渡邊裕也, 山田陽介, 吉田司, 横山慶一, 山縣恵美, 吉中康子, 岡山寧子, 木村みさか. 地域在住高齢者の日常の歩数と下肢骨格筋の量および質,運動機能との関連. 同志社スポーツ健康科学. 2020;12: 29-36.
  7. 渡邊裕也. 要介護等認定高齢者における下肢骨格筋の量および質と運動機能の関係. 同志社スポーツ健康科学. 2019;11:16-23.
  8. 山縣恵美, 渡邊裕也, 山田陽介, 續田尚美, 杉原百合子, 小松光代, 木村みさか, 井上恒男, 亀岡スタディグループ. 地域在住自立高齢者を対象にした体力測定会への参加希望者における閉じこもりリスクと孤独感との関連. 同志社看護. 2017;2:7-18.
  9. 續田尚美, 渡邊裕也, 横山慶一, 吉中康子, 木村みさか, 岡山寧子. 中高齢者の歩行ゆらぎと体力の関連. 同志社女子大学総合文化研究所紀要. 2016;33:142-52.
  10. 渡邊裕也, 山田陽介, 吉中康子, 木村みさか. 高齢女性における超音波画像から算出した筋輝度と運動機能との関連性. 京都学園大学経営学部論集. 2014;24(1):95-105.

報告書等

  1. 後岡直樹, 福沢廣大, 渡邊裕也. スレッド走を用いた活動後増強とスプリントパフォーマンスの関係. 同志社大学ハリス理化学研究報告. 2021;62(2): 79-86.
  2. 髙田和子, 町田修一, 阿部圭一, 榎裕美, 渡邊裕也, 田中和美. 運動・栄養介入による高齢者の虚弱予防に関する長期的な介護予防費削減効果の検証とガイドライン策定のための研究. 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業). 平成30年度~令和2年度総合研究報告書(研究代表者:髙田和子). 2021.
  3. 渡邊裕也, 吉田司. 高齢者における運動を中心とした複合型介入の医療経済学的効果. ヘルスリサーチフォーラム24th(予稿集). 2018;239-48.
  4. 渡邊裕也, 續田尚美, 山縣恵美, 岡山寧子. 歩行中の自身による掛け声は歩行リズムを安定化させるか-低体力高齢者への応用-. 同志社大学ハリス理化学研究報告. 2017;58(2):23-8.
  5. 渡邊裕也, 池永昌弘, 山田陽介. 骨格筋超音波画像から算出する筋輝度を用いた骨格筋の質的評価法-現場で実践可能な筋内組成評価法の確立を目指して-. 第32回若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書. 2017;32: 114-20.
  6. 渡邊裕也, 山田陽介, 三宅基子, 横山慶一, 吉田司. 幅広い高齢者に適応可能なサルコペニア予防法(地域の介護予防現場で使える実践的方法の確立). デサントスポーツ科学. 2014;35:78-86.

著書

  1. 渡邊裕也. 下肢と体幹の筋がよくわかる基礎ノート. 杏林書院. 2022.
  2. 渡邊裕也. 高齢者の運動指導の現場. 使える筋肉・使えない筋肉 アスリートのための筋力トレーニングバイブル ナツメ社 213-9, 2018.
  3. 渡邊裕也. フレイルとサルコペニア. フレイルのみかた 中外医学社 140-8, 2018.
  4. 渡邊裕也. 中高年にはどのような筋力トレーニングが効果的か? もっとなっとく使えるスポーツサイエンス 119-20, 2017.
  5. 渡邊裕也. トレーニングの基礎知識. もっとなっとく使えるスポーツサイエンス 178-84, 2017.
  6. 渡邊裕也, 石井直方. スロートレーニング. 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~ 杏林書院 208-17, 2016.

学会発表

招待講演
  1. 渡邊裕也. 高齢者での研究の可能性. 「運動と健康に関するオンライン研究(デジタル介入)の可能性」. 第7回運動と健康:分野横断型勉強会, Web開催. 2022年9月
  2. 渡邊裕也. 高齢者を対象としたオンライン運動教室. 身体活動関連シンポジウム:ウィズコロナにおける身体活動・運動の意義と実践. 日本健康科学学会第37回学術大会, 京都. 2022年9月
  3. 渡邊裕也. 高齢者の筋肉づくり. 東京大学スポーツ先端科学連携研究機構公開シンポジウム「筋肉の時代へ」, Web開催. 2022年4月
  4. 渡邊裕也, 山田実. 骨格筋の加齢変化とサルコペニア肥満 骨格筋の加齢変化と肥満の関連. シンポジウム「サルコペニア肥満の定義と診断基準について」. 第74回日本体力医学会大会, 茨城, 2019年9月.
  5. 渡邊裕也. トレーニングとサルコペニア・フレイル. シンポジウム「体力医科学による疫学研究・介入研究・トレーニング研究・基礎研究とサルコペニア・フレイル」. 第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 東京, 2018年11月.
  6. 渡邊裕也. 地域在住高齢者を対象とした複合型介護予防プログラム(亀岡Study). シンポジウム「骨格筋を中心とした臓器・組織の連関について」. 第18回日本抗加齢医学会総会, 大阪, 2018年5月.
  7. 渡邊裕也. 汎用性の高いレジスタンストレーニング. シンポジウム「運動療法のエビデンスを求めて」. 第4回京都リハビリテーション医学研究会学術集会, 京都, 2018年2月.
  8. 渡邊裕也, 山田陽介, 木村みさか. 地域在住高齢者が安全で手軽に実践できるレジスタンスエクササイズ. シンポジウム「介護予防に効果的な運動処方の質を考える」. 第71回日本体力医学会大会, 岩手, 2016年9月.
  9. 渡邊裕也. 高齢者を対象とした低負荷強度レジスタンストレーニングの効果. シンポジウム「筋力トレーニングの新展開~筋肥大・筋力増強のためのトレーニング条件を再考する~」. 第67回日本体力医学会大会, 岐阜, 2012年9月.
一般発表
  1. 渡邊裕也, 来田宣幸, 甲斐義浩, 森原徹. 下肢骨格筋の量的、質的指標が大学生女子ソフトボール選手の身体機能およびバットスイング速度に及ぼす影響. 第33回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 北海道. 2022年11月
  2. 渡邊裕也, 髙士直己, 兵頭和樹, 野田隆行, 西田純世, 山口大輔, 上野愛子, 甲斐裕子, 荒尾孝. オンライン運動教室に参加した高齢者が感じる利点と課題:探索的質的研究. 第9回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 滋賀. 2022年10月
  3. 渡邊裕也, 野田隆行, 西田純世, 兵頭和樹, 山口大輔, 上野愛子, 甲斐裕子, 荒尾孝. 団地居住高齢者に対するオンライン運動教室提供の試み:集団型と自宅型の比較. 第30回体力・栄養・免疫学会大会, 青森. 2022年8月
  4. 渡邊裕也, 兵頭和樹, 甲斐裕子, 野田隆行, 山口大輔, 西田純世, 上野愛子, 飯田倫崇, 荒尾孝. オンラインを活用した短時間頻回の軽運動実施が地域在住高齢者の身体機能に及ぼす効果. 第64回日本老年医学会学術総会, 大阪. 2022年6月
  5. 渡邊裕也, 渡邉大輝, 吉田司, 山田陽介, 横山慶一, 山縣恵美, 木村みさか. 地域在住高齢者における下肢骨格筋の量的、質的指標と咀嚼機能の関連. 第8回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 大阪. 2021年11月.
  6. 渡邊裕也, 渡邉大輝, 吉田司, 山田陽介, 木村みさか. 地域在住高齢者におけるフレイル有症率と超音波を用いた下肢骨格筋の量的、質的指標との関連:Kyoto-Kameoka Study. 第76回日本体力医学会大会, Web開催. 2021年9月.
  7. 渡邊裕也, 来田宣幸, 森原徹. 女子大学生ソフトボール選手における下肢骨格筋の量的, 質的指標と各種体力要素ならびにバットスイング速度との関係. 第31回日本臨床スポーツ医学会学術集会, Web開催. 2020年11月.
  8. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Emi Yamagata, Motoko Miyake, Yasuko Yoshinaka, Misaka Kimura. Long-term effects of comprehensive geriatric intervention in community dwelling older adults. International Conference on Frailty and Sarcopenia Research 2020, Toulouse. 2020 March.
  9. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Emi Yamagata, Motoko Miyake, Yasuko Yoshinaka, Misaka Kimura. Effects of comprehensive geriatric intervention on muscle quantity, quality, and function in community-dwelling older adults. 12th International Conference on Cachexia, Sarcopenia & Muscle Wasting, Berlin. 2019 February.
  10. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Emi Yamagata, Motoko Miyake, Yasuko Yoshinaka, Misaka Kimura. Effects of comprehensive geriatric intervention on oral care and dietary habits among community-dwelling older adults. 5th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia, Taipei. 2019 October.
  11. Yuya Watanabe, Shogo Gyoba, Emi Yamagata, Daiki Hara, Yasuaki Kamada, Junpei Tsutsumi, Shushi Fukuhara. Comparison of muscle size, muscle composition and physical function between healthy and physically disabled older adults. 11th International Conference on Cachexia, Sarcopenia & Muscle Wasting, Maastricht. 2018 December.
  12. 渡邊裕也, 福原崇史. 自主的な運動継続による短期介入効果の保持-介入後の自主サークルにおける一例-. 第28回体力・栄養・免疫学会大会, 宮城. 2018年9月.
  13. Yuya Watanabe, Tsukasa Yoshida, Miwa Yamaguchi, Yosuke Yamada, Misaka Kimura. The cost-effectiveness of an exercise-based comprehensive intervention in older adults. 10th International Conference on Cachexia, Sarcopenia & Muscle Wasting, Roma. 2017 December.
  14. 渡邊裕也, 吉田司, 山田陽介, 横山慶一, 山縣恵美, 三宅基子, 吉中康子, 岡山寧子, 木村みさか. 質問紙によるフレイル判定と超音波法を用いた下肢骨格筋の量的・質指標の関連. 第4回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 京都. 2017年10月.
  15. 渡邊裕也, 来田宣幸, 甲斐義浩, 森原徹. 女子野球選手のバットスイング速度に関連する体力要素の検討. 第27回体力・栄養・免疫学会大会, 埼玉. 2017年8月.
  16. 渡邊裕也, 田宮創, 續田尚美, 田村由馬, 安隆則, 山縣恵美, 山田陽介, 吉中康子, 木村みさか. 超音波法を用いた量的・質的骨格筋評価-自立度や活動性が異なる高齢者の比較-. 第3回日本サルコペニア・フレイル研究会研究発表会, 名古屋. 2016年11月.
  17. 渡邊裕也. 筋発揮張力維持スロー法を応用した自体重運動の乳酸応答. 第26回体力・栄養・免疫学会大会, 長崎. 2016年8月.
  18. 渡邊裕也, 横山慶一, 吉中康子, 木村みさか. リズム体操を含む多要素複合プログラムが高齢者の体力に及ぼす効果. 日本体操学会 第17回大会, 京都. 2015年9月.
  19. 渡邊裕也, 山田陽介, 横山慶一, 吉田司, 三宅基子, 山縣恵美, 岡山寧子, 吉中康子, 木村みさか. 日常生活の歩数が地域在住高齢者の骨格筋量および質に及ぼす影響. 第57回日本老年医学会学術集会, 神奈川. 2015年6月.
  20. 渡邊裕也, 山田陽介, 池永昌弘, 吉村英一, 木村みさか. 筋輝度を用いた骨格筋の質的評価法とCTによる従来法との比較. 第1回サルコペニア・フレイル研究会研究発表会, 東京. 2014年10月.
  21. 渡邊裕也, 山田陽介, 吉田司, 横山慶一, 三宅基子, 木村みさか. 介護予防を目的とした運動介入が高齢者の筋内組成に及ぼす効果. 第69回日本体力医学会大会, 長崎. 2014年9月.
  22. 渡邊裕也, 山田陽介, 横山慶一, 吉田司, 三宅基子, 山縣恵美, 桝本妙子, 岡山寧子, 吉中康子, 木村みさか. 地域の介護・サルコペニア予防におけるフォローアップの効果と意義―21ヵ月の大規模介入研究の結果から―(亀岡Study). 第56回日本老年医学会学術集会 (福岡)平成26年(2014年)6月
  23. Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Tsukasa Yoshida, Keiichi Yokoyama, Motoko Miyake, Emi Yamagata, Misaka Kimura. Comparison of class-style supervised intervention versus home-based unsupervised intervention in preventing sarcopenia. International Conference on Frailty & Sarcopenia Research 2014, Barcelona. 2014 March.
  24. 渡邊裕也, 山田陽介, 吉田司, 瀬尾和弥, 東善一, 島津昭人, 森原徹, 来田宣幸. 女子プロ野球選手の身体的特性と競技成績の関連性. 第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 熊本. 2013年10月.
  25. 渡邊裕也, 山田陽介, 横山慶一, 吉田司, 三宅基子, 木村みさか. 地域の介護予防現場で運用可能なサルコペニア予防法の確立. 第68回日本体力医学会大会, 東京. 2013年9月.
  26. Yuya Watanabe, Misaka Kimura, Naokata Ishii.30% 1RM resistance training with slow movement and tonic force generation increases muscle size and strength in older adults. International Conference on Sarcopenia Research 2012, Orland. 2012 December.
  27. 渡邊裕也, 山田陽介, 福元喜啓, 石原達朗, 横山慶一, 吉田司, 木村みさか. 骨格筋の筋厚と筋輝度が高齢者の筋力に及ぼす影響. 第67回日本体力医学会大会, 岐阜. 2012年9月.
  28. 渡邊裕也, 谷本道哉, 石井直方. 自体重レジスタンストレーニングにおける動作様式の違いが高齢者の筋に及ぼす長期的効果. 第66回日本体力医学会大会, 山口. 2011年9月.
  29. 渡邊裕也, 石井直方. 高齢者の健康づくり教室が医療費に及ぼす効果. 第65回日本体力医学会大会, 千葉. 2010年9月
  30. 渡邊裕也, 谷本道哉, 大金朱音, 石井直方. 筋発揮張力維持法が高齢者の筋機能に及ぼす長期的効果. 第64回日本体力医学会大会, 新潟. 2009年9月.
  31. 渡邊裕也, 谷本道哉, 大金朱音, 田中あゆ子, 石井直方. 高齢者における筋発揮張力維持法(LST)の一過的生理応答. 第63回日本体力医学会大会, 大分. 2008年9月.

外部研究費獲得状況

  1. 一般社団法人日本運動器科学会助成金 分担(代表:森原徹, 丸太町リハビリテーションクリニック):運動器機能低下の予防・改善を目的とした実践的運動療法の開発-筋発揮張力維持スロー法を応用したリハビリテーションプログラム-(2018年6月-2020年3月)
  2. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 代表:筋の質的指標である筋輝度の応用可能性の検討(妥当性強化と現場での活用に向けて)(2018年4月-2021年3月)
  3. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 分担(代表:木村みさか, 京都先端科学大学):身体的,心理・精神的,社会的側面を包括するフレイル介入プログラムの開発・検証(2018年4月-2021年3月)
  4. 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学政策研究事業 分担(代表:町田修一, 順天堂大学, 高田和子, 東京農業大学):運動・栄養介入による高齢者の虚弱予防に関する長期的な介護費削減効果の検証とガイドライン策定のための研究(2018年4月-2021年3月)
  5. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 分担(代表:山縣恵美, 同志社女子):幅広い年代と体力レベルに実施可能な,走っても歩いてもよい簡便な持久性テストの開発(2018年4月-2022年3月)
  6. ファイザーヘルスリサーチ振興財団第24回国内共同研究(満39歳以下)助成 代表:高齢者における運動を中心とした複合型介入の医療経済学的効果(2015年12月-2016年11月)
  7. 第32回明治安田厚生事業団健康科学研究助成 代表:骨格筋超音波画像から算出する筋輝度を用いた骨格筋の質的評価法 ―現場で実践可能な筋内組成評価法の確立を目指して―(2015年10月-2017年2月)
  8. 科学研究費助成事業 若手研究(B) 代表:筋内組成の一指標である筋輝度は新たなサルコペニア指標となりうるか(2015年4月-2018年3月)
  9. 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 分担(代表:山田陽介, 国立健康・栄養研究所):骨格筋細胞膜の静電容量(Cm)の生体内非侵襲的測定による新しい筋機能評価法の確立(2014年4月-2016年3月)
  10. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 分担(代表:安隆則, 獨協医科大学):心血管疾患リハビリ研究に資する血液のミクロ流動性特性評価に関する研究(2014年4月-2017年3月)
  11. 科学研究費助成事業 若手研究(B) 代表:筋輝度を用いたサルコペニアの質的な評価(妥当性の検討および運動による変化(2013年4月-2015年3月)
  12. 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 分担(代表:三宅基子, 京都学園大学):高齢者の歩行習慣とソーシャルキャピタル(SC)の関連:SC評価指標の作成と検証(2013年4月-2016年3月)
  13. 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成 代表:健康度や体力の異なる幅広い高齢者に適応可能なサルコペニア予防法(地域の介護予防現場で使える実践的方法の確立)(2013年6月-2013年11月)

社会貢献

主な講演および講義

  1. 渡邊裕也. 手軽にできるエクササイズ-活発な身体活動と筋トレ-. 運動に関する基調講話. 2022年4月(対象:税務大学校研修生)
  2. 渡邊裕也. フレイル予防ちょこっと運動教室. はちせいハートプラン 2022. 2022年4月(対象:組合員)
  3. 渡邊裕也. サルコペニアと運動. 第51回「近畿・糖尿病の自己管理を考える会」学術講演会. 2022年4月(対象:医療従事者)
  4. 渡邊裕也. どこでも手軽にできるスロートレーニング. 健康づくり講演会. 2022年2月(対象:職員)
  5. 渡邊裕也. スポーツ・レクリエーション生理学. スポーツ・レクリエーション指導者養成講習会. 2022年2月(対象:レクリエーション公認指導者)
  6. 渡邊裕也. スポーツ・レクリエーション生理学. スポーツ・レクリエーション指導者養成講座. 2021年11月(対象:レクリエーション・インストラクターほか)
  7. 渡邊裕也. スポーツ・レクリエーション生理学. スポーツ・レクリエーション指導者養成講座. 2021年10月(対象:レクリエーション・インストラクターほか)
  8. 渡邊裕也. 100歳まで元気でいられる筋肉. 日本健康運動指導士会 滋賀県支部研修会. 2020年2月.
  9. 渡邊裕也. 運動を中心とした複合プログラムの地域介入-健康寿命延伸に向けて-. THE CUTTING EDGE! 2019. 2019年10月.
  10. 渡邊裕也. 地域におけるリハビリとアンチエイジング. 日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会主催 大阪/指導士編講習会. 2018年11月.
  11. 渡邊裕也. 健康寿命延伸に向けて~運動を中心とした健康習慣定着の効果~. けいはんな学研都市6大学連携市民公開講座2018. 2018年9月.
  12. 渡邊裕也. レジスタンストレーニングと筋発揮張力維持スロー法の併用. 日本フィットネス協会ハイクラスセミナー. 2018年8月.
  13. 渡邊裕也. 安全管理. 京都府障がい者スポーツ指導員養成研修会. 2018年2月~2020年2月.
  14. 渡邊裕也. 初めの一手 フレイルを知ろう. 静岡県浜松市オーラルフレイル研修会. 2018年2月.
  15. 渡邊裕也. 運動指導者が知っておくべきフレイルサルコペニアの基礎知識, 実践的なサルコペニア・フレイル対策の提案. 日本フィットネス協会高齢者運動指導エクセレンスセミナー. 2018年1月.
  16. 渡邊裕也. 筋肉を強くするトレーニング・動きを上達させるトレーニング. 宇治田原町スポーツ講演会. 2016年9月.
  17. 渡邊裕也. 筋力増強のメカニズム. 京都スポーツ医学セミナー2015. 2015年6月.
  18. 渡邊裕也. スポーツ・レクリエーション生理学. スポーツ・レクリエーション指導者養成講座. 2014年11月~2019年9月.

各種委員等

2020年4月~現在 日本肥満学会・日本サルコペニア・フレイル学会 サルコペニア肥満合同ワーキンググループ 委員

趣味・スポーツ歴

大学 アメリカンフットボール

研究者として達成したいゴール

運動、特に筋トレの健康効果を多くの人々に届ける

その他

出身研究室

東京大学 石井直方研究室

ページの先頭へ戻る▲