公益財団法人 明治安田厚生事業団

お問い合わせ

  • 公益財団法人 明治安田厚生事業団 03-3349-2828(代表)
  • 体力医学研究所 042-691-1163
  • ウェルネス開発室 03-3349-2741

平日9:00~17:00(年末年始、祝休日を除く)

研究者の紹介

須藤 みず紀 博士(理学)
Sudo Mizuki Ph. D.
副主任研究員
専門分野 運動生理学
主な研究テーマ
  • 脳と骨格筋の相互作用に着目した運動とメンタルヘルスの関係
  • 骨格筋の収縮と認知機能の関係

学歴・経歴

福島県出身

電気通信大学 電気通信学部 量子・物質工学専攻 博士課程 修了(理学)

2010年 - 2013年 福岡大学 スポーツ科学部 身体活動研究所 博士研究員

2014年より体力医学研究所に勤務(2018年より現職)

受賞歴(学会賞等)

第63回日本体力医学会 大塚スポーツ医科学 特別賞、2008年

所属学会

  1. 日本体力医学会
    • 評議員(2017年9月~現在)
    • 広報委員(2017年9月~現在)
  2. 日本運動生理学会
  3. 日本生理学会
  4. American College of Sports Medicine
  5. European College of Sport Science

研究業績

原著論文(2008 - 2017)

  1. Komiyama T, Katayama K, Sudo M, Ishida K, Higaki Y, Ando S. Cognitive function during exercise under severe hypoxia. Scientific Reports (in press), 2017
  2. Sudo M, Komiyama T, Aoyagi R, Nagamatsu T, Higaki Y, Ando S. Executive function after exhaustive exercise. European Journal of Applied Physiology 117:2029-2038, 2017
  3. Sudo M, Ando S, Nakanishi Y, Nagamatsu T. Effects of an enriched environment on rat skeletal muscles and plasma concentrations of noradrenalin and cortisol. Bulletin of the Physical Fitness Research Institute 155:30-34, 2017
  4. Sudo M, Ando S, Kano Y. Repeated blood flow restriction induces muscle fiber hypertrophy. Muscle & Nerve 55(2): 274-276, 2017
  5. Tomiga Y, Ito A, Sudo M, Ando S, Maruyama A, Nakashima S, Kawanaka K, Uehara Y, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y. Effects of environmental enrichment in aged mice on anxiety-like behaviors and neuronal nitric oxide synthase expression in the brain. Biochemical and Biophysical Research Communications 476(4):635-640, 2016
  6. Ando S, Komiyama T, Kokubu M, Sudo M, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y. Slowed response to peripheral visual stimuli during strenuous exercise. Physiology & Behavior 161:33-37, 2016
  7. 須藤みず紀, 安藤創一,永松俊哉. 身体不活動者を対象としたストレッチ運動が気分と認知機能に及ぼす影響. 体力研究 114:11-19, 2016
  8. Komiyama T, Sudo M, Okuda N, Yasuno T, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y, Ando S. Cognitive function at rest and during exercise following breakfast omission. Physiology & Behavior 57:178-184, 2016
  9. Sudo M, Ando S, Nagamatsu T. Effects of acute static stretching on visual search performance and mood state. Journal of Physical Education and Sport 15(4):651-656, 2015
  10. Sudo M, Ando S, Poole DC, Kano Y. Blood flow restriction prevents muscle damage but not protein synthesis signaling following eccentric contractions. Physiological Reports 3:e12449, 2015
  11. Ando S, Komiyama T, Sudo M, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y. The effects of temporal neck cooling on cognitive function during strenuous exercise in a hot environment: a pilot study. BMC Research Notes 8:202, 2015
  12. Komiyama T, Sudo M, Higaki Y, Kiyonaga A, Tanaka H, Ando S. Does moderate hypoxia alter working memory and executive function during prolonged exercise?. Physiology & Behavior 139:290-296, 2014
  13. Yasuno T, Osafune K, Sakurai H, Asaka I, Tanaka A, Yamaguchi S, Yamada K, Hitomi H, Arai S, Kurose Y, Higaki Y, Sudo M, Ando S, Nakashima H, Saito T, Kaneoka H. Functional analysis of iPSC-derived myocytes from a patient with carnitine palmitoyltransferase II deficiency. Biochemical and Biophysical Research Communications 448: 175-181, 2014
  14. Ando S, Hatamoto Y, Sudo M, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y: The effects of exercise under hypoxia on cognitive function. PLoS ONE, 5: e63630, 2013
  15. Koga S, Kano Y, Barstow TJ, Ferreira LF, Ohmae E, Sudo M, Poole DC. Kinetics of muscle deoxygenation and microvascular PO2 during contractions in rat: Comparison of optical spectroscopy and phosphorescence-quenching techniques. Journal of Applied Physiology 112(1): 26-32, 2012
  16. Kano Y, Poole DC, Sudo M, Hirachi T, Miura S, Ezaki O. Control of microvascular PO2 kinetics following onset of muscle contractions: Role for AMPK. American Journal of Physiology-Regulatory, Integrative and Comparative Physiology 301: R1350-1357, 2011
  17. Sonobe T, Inagaki T, Sudo M, Poole DC, Kano Y. Sex differences in intracellular Ca2+ accumulation following eccentric contractions of rat skeletal muscle in vivo. American Journal of Physiology-Regulatory, Integrative and Comparative Physiology 299(4): R1006-R1012, 2010
  18. Sudo M, Kano Y. Myofibers apoptosis occur in the inflammation and regeneration phase following eccentric contractions in rat. Journal of Physiological Sciences 59(6):405-412, 2009
  19. Kano Y, Masuda K, Furukawa H, Sudo M, Mito K, Sakamoto K. Histological skeletal muscle damage and surface EMG relationships following eccentric contractions. Journal of Physiological Sciences 58(5):49-55, 2008

総説

  1. 安藤創一, 小見山高明, 須藤みず紀, 檜垣靖樹. 運動と認知機能:脳の組織酸素飽和度の影響. 福岡大学スポーツ科学研究 45(2):25-34, 2015
  2. Kano Y, Sonobe T, Inagaki T, Sudo M, Poole DC. Mechanisms of exercise-induced muscle damage and fatigue:Intracellular calcium accumulation. Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 1(3):505-512, 2012

その他の学術論文(査読なし)

  1. 須藤みず紀, 安藤創一, 永松俊哉. 一過性のストレッチ運動が認知機能,脳の酸素化動態,及び感情に及ぼす影響. 体力研究 113:19-26, 2015
  2. 冨賀裕貴, 須藤みず紀, 安藤創一, 江島弘晃, 檜垣靖樹. マウス片側後肢ギプス固定モデルの非固定脚を対象として用いることの問題. 福岡大学スポーツ科学研究 45(2):53-58, 2015

報告書等

  1. 須藤みず紀. 筋収縮は脳の健康に貢献するか?~筋から脳への情報伝達機構の解明と運動処方への応用~. 科学研究費助成事業【若手研究(A)】 研究実績報告書 2017
  2. 須藤みず紀. 運動はなぜメンタルヘルスを向上させるのか? 科学研究費助成事業【挑戦的萌芽研究】 研究成果報告書 2017
  3. 須藤みず紀. 糖尿病による筋萎縮の予防に向けた血流制限運動の有用性と機序の解明. 科学研究費助成事業【若手研究(B)】研究成果報告書 2013

著書

  1. Sudo M. (ed. Sakuma K) Apoptosis in skeletal muscle (Section 6). Current Research Trends in Skeletal Muscle, Research Signpost, 97-112, 2012

学会発表

招待講演
  1. 須藤みず紀. 「骨格筋は『脳を守る』ための鍵となれるか?」. 第73回日本体力医学会シンポジウム9「脳を守る至適運動・環境条件の探索」, 福井. 2018年9月
  2. 須藤みず紀. 「環境による身体活動量の違いが脳機能に及ぼす影響」. 第1回運動と脳の勉強会, 東京. 2018年8月
  3. 須藤みず紀. 「豊かな環境は心身の健康を促進する?-環境がもたらす筋と脳の関係-」. 第1回スポーツニューロサイエンス研究会, 愛媛. 2017年9月
  4. 須藤みず紀. 「運動はメンタルヘルスと認知機能の向上に貢献できるのか?」. 小の月の会, 東京. 2017年9月
  5. Sudo M. 「The effects of acute maximal exercise on cognitive function and affective state」. Physiology Research Seminar at UEC, Tokyo. March, 2015
  6. 須藤みず紀. 「2型糖尿病骨格筋に対するエキセントリック運動の有効性」. 広島大学第2回スポーツ科学セミナー, 広島. 2014年9月
  7. 須藤みず紀. 「筋損傷-再生過程における骨格筋線維アポトーシスの発生」. 第1回福岡大・佐賀大学合同セミナー, 佐賀. 2012年4月
  8. 須藤みず紀. 「血流制限運動による筋細胞からの応答」. 首都大学東京ヘルスプロモーションセミナー, 東京. 2011年11月
  9. 須藤みず紀. 「筋損傷-再生過程における骨格筋線維アポトーシスの発生」. 第2回分子骨格筋代謝研究会, 京都. 2010年5月
  10. 須藤みず紀. 「血流制限と筋損傷・筋肥大」. 小の月の会, 東京. 2009年3月
  11. 須藤みず紀, 狩野豊. 「血流制限を伴うことによりエキセントリック収縮誘発性筋損傷は抑制される」. 第63回日本体力医学会スポーツ医・科学賞受賞講演, 大分. 2008年9月
国際発表(2004 - 2018)
  1. Sudo M, Ando S. An enriched environment increases locomotor activity and induses skeletal muscle hypertrophy in rats. 23rd European College of Sport Science, Dublin, Ireland. July, 2018
  2. Ando S, Komiyama T, Tanoue Y, Sudo M, Costello J, Uehara Y, Tanaka H, Higaki Y. A decrease in cerebral blood flow is not responsible for decrements in cognitive function during intense exercise. 23rd European College of Sport Science, Dublin, Ireland. July, 2018
  3. Sudo M, Ando S. Increased exercise activity in an enriched environment improves anxiety-like behavior and cognition. 65th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Minneapolis, USA. May, 2018
  4. Sudo M, Komiyama T, Nagamatsu T, Higaki Y, Ando S. Relationship between affective states and physiological stress after moderate and exhaustive exercise. 22nd European College of Sport Science, Essen, Germany. July, 2017
  5. Komiyama T, Tanoue Y, Sudo M, Uehara Y, Tanaka H, Higaki Y, Ando S. Does cerebral blood flow and oxygenation affect impairment in cognitive function during exercise?. 22nd European College of Sport Science, Essen, Germany. July, 2017
  6. Sudo M, Ando S, Tomiga Y, Nagamatsu T. Acute stretching improves affective states and cognitive function in physically inactive people. 64th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Denver, USA. May, 2017
  7. Ando S, Sudo M, Komiyama T, Aoyagi R, Higaki Y. Cognitive function after exhaustive exercise: effects of cerebral oxygenation. 64th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Denver, USA. May, 2017
  8. Komiyama T, Ando K, Sudo M, Takigawa R, Ohkahara K, Uehara Y, Tanaka H, Higaki Y, Ando S. Effects of aerobic and resistance exercise on cognitive function. 64th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Denver, USA. May, 2017
  9. Sudo M, Komiyama T, Nagamatsu T, Higaki Y, Ishida K, Katayama K, Ando S. Cognitive function and affective states following exercise under severe hypoxia. 63rd Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Boston, USA. May, 2016
  10. Komiyama T, Katayama K, Sudo M, Ishida K, Higaki Y, Ando S. Reduction in oxygen delivery under severe hypoxia affects cognitive function during moderate exercise. 63rd Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Boston, USA. May, 2016
  11. Tomiga Y, Ito A, Maruyama A, Sudo M, Ando S, Kawanaka K, Tanaka H, Higaki Y. Association between anxiety-like behavior and neuronal nitric oxide synthase in old mice under enriched environment. 63rd Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Boston, USA. May, 2016
  12. Komiyama T, Ito Y, Sudo M, Katayama K, Ishida K, Higaki Y, Ando S. Cognitive function during exercise: the effect of cerebral blood flow and oxygenation. 3rd Pusan National University & Fukuoka University Annual Conference, Pusan, Korea. September, 2014
  13. Komiyama T, Ando S, Hatamoto Y, Sudo M, Kiyonaga A, Tanaka H, Higaki Y. The effect of intense exercise on cognitive function. The 17th International Journal of Psychophysiology, Hiroshima, Japan. September, 2014
  14. Ando S, Komiyama T, Sudo M, Higaki Y. The effects of acute exercise and hypoxia on cognitive function. 17th International Journal of Psychophysiology, Hiroshima, Japan. September, 2014
  15. Sudo M, Komiyama T, Aoyagi R, Higaki Y, Nagamatsu T, Ando S. Cognitive function immediately after maximal exercise. 19th European College of Sport Science, Amsterdam, Netherland. July, 2014
  16. Sudo M, Ando S, Higaki Y, Kano Y. Repeated bouts of downhill running prevent intense eccentric exercise-induced muscle damage in type II diabetes rats. 62nd Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Orland, USA. May, 2010
  17. Sudo M, Eshima H, Ando S, Kano Y, Tanaka H, Higaki Y. Eccentric exercise-induced inflammatory response is augmented in type II diabetic skeletal muscle. Experimental Biology 2013, Boston, USA. April, 2013
  18. Sudo M, Tsubuko T, Tomiga Y, Eshima H, Ando S, Tanaka H, Higaki H. Muscle atrophy occures heterogeneously after cast immobilization in mouse soleus muscle. 17th European College of Sport Science, Bruges, King of Belgium. July, 2012
  19. Sudo M, Kano Y. Effect of blood flow restriction on eccentric contraction induced-muscle fiber damage and hypertrophy signaling pathway in rat model. 16th European College of Sport Science, Liverpool, UK. July, 2011
  20. Sudo M, Kano Y. Involvement of myofiber apoptosis on eccentric contractions-induced damage and regeneration process in the diabetic rats. ACSM conference on integrative physiology of exercise, Miami, USA. September, 2010
  21. Onodera N, Sudo M, Yamaguchi A, Kano Y. Time course of VEGF-A mRNA expression following eccentric contractions in rat skeletal muscle. ACSM conference on integrative physiology of exercise, Miami, USA. September, 2010
  22. Kano Y, DC Poole, Sudo M, Miura S, Ezaki O. The role of AMPK in skeletal muscle on microvascular PO2 kinetics following onset of muscle contraction. ACSM conference on integrative physiology of exercise, Miami, USA. September, 2010
  23. Sudo M, Yutaka Kano. Eccentric exercise training-induced skeletal muscle hypertrophy is augmented by concomitant blood flow restriction. 56th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Seattle, USA. May, 2009
  24. Shinohara M, Sudo M, Kano Y. Delayed inflammation-regeneration response following eccentric contractions in diabetic rat skeletal muscle. 56th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Seattle, USA. May, 2009
  25. Sudo M, Kano Y. Eccentric contraction induced skeletal muscle damage in rats is suppressed by concomitant blood flow restriction. 55th Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Indianapolis, USA. June, 2008
  26. Sudo M, Kano Y. Myonuclear apoptosis occurs in regenerative process following eccentric contractions in rats. Experimental Biology 2008, San Diego, USA. April, 2008
  27. Sudo M, Kano Y. Effects of isometric and eccentric contractions on apoptosis of skeletal muscle in male and female rats. 52nd Annual Congress of the American College of Sports Medicine, Nashville, USA. June, 2005
  28. Sudo M, Kano Y. Apoptosis of skeletal muscle in male and female rats after eccentric contractions. Integrative biology of exercise APS Intersociety meeting, Austin, USA. October, 2004
国内学会(2005 - 2017)
  1. 須藤みず紀, 安藤創一. ラットにおける豊かな環境飼育は自発的な身体活動量と空間学習記憶能力を増加させる. 第73回日本体力医学会, 福井. 2018年9月
  2. 安藤創一, 小見山高明, 田上友季也, 須藤みず紀, 上原吉就, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 高強度運動時の脳血流の低下は認知機能の低下に関与しない. 第73回日本体力医学会, 福井. 2018年9月
  3. 齋藤颯太, 妹尾淳史, 水口暢章, 須藤みず紀, 大河原一憲, 安藤創一. 一過性運動による認知課題中の機能的結合の変化. 第73回日本体力医学会, 福井. 2018年9月
  4. 今野大成, 安川巧樹, 小池祐太, 須藤みず紀, 大河原一憲, 安藤創一. 運動中の視覚情報の変化が生理的・心理的応答に与える影響. 第73回日本体力医学会, 福井. 2018年9月
  5. 須藤みず紀, 安藤創一, 永松俊哉. 自発的な運動を促す豊かな環境は不安感情様の低下と骨格筋量の増加を惹起する. 第72回日本体力医学会, 愛媛. 2017年9月
  6. 須藤みず紀, 安藤創一, 永松俊哉. 豊かな環境が骨格筋と生理的ストレス応答に及ぼす影響. 第25回日本運動生理学会, 神奈川. 2017年7月
  7. Sudo M, Ando S, Tomiga Y, Nagamatsu T, Kano Y, Higaki Y. The effect of downhill running training on skeletal muscle and hippocampal BDNF expression in type II diabetic rat. 第64回日本生理学会, 静岡. 2017年3月
  8. 須藤みず紀, 安藤創一, 冨賀裕貴, 永松俊哉. 身体不活動者への一過性ストレッチ運動はメンタルヘルスと認知機能を向上させる. 第71回日本体力医学会, 岩手. 2016年9月
  9. 冨賀裕貴, 吉村咲紀, 伊藤愛, 須藤みず紀, 安藤創一, 江島弘晃, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 高脂肪食摂取及び運動介入が骨格筋nNOS発現とDNAメチル化に及ぼす影響. 第71回日本体力医学会, 岩手. 2016年9月
  10. 永松俊哉, 朽木勤, 角田憲治, 小野寺由美子, 山下陽子, 須藤みず紀, 加藤由華. 女性労働者の認知パフォーマンス, 自律神経機能, および気分に及ぼす軽運動の影響. 第71回日本体力医学会, 岩手. 2016年9月
  11. 須藤みず紀, 安藤創一, 冨賀裕貴, 永松俊哉, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 2型糖尿病ラットにおけるダウンヒルトレーニングが海馬のBDNF産生に及ぼす影響. 第24回日本運動生理学会, 熊本. 2016年7月
  12. 須藤みず紀, 安藤創一, 泉水宏臣, 永松俊哉. 一過性のストレッチ運動による心理的変化が認知機能パフォーマンスに及ぼす影響. 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  13. 安藤創一, 小見山高明, 青柳遼, 畑本陽一, 須藤みず紀, 桧垣靖樹. 1回の運動が感情状態に及ぼす効果はどこまで続くのか? 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  14. 小見山高明, 安藤創一, 須藤みず紀, 清永明, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 朝食欠食後でも運動は認知機能を向上させるか. 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  15. 伊藤愛, 冨賀裕貴, 須藤みず紀, 安藤創一, 中島志穂子, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 組織及び筋線維タイプにおけるnNOSのDNAメチル化修飾に関する研究. 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  16. 冨賀裕貴, 伊藤愛, 須藤みず紀, 安藤創一, 中島志穂子, 田中宏暁, 桧垣靖樹. 片脚ギプス固定による筋萎縮がnNOSプロモーター領域のDNAメチル化修飾に及ぼす影響. 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  17. 永松俊哉, 朽木勤, 角田憲治, 小野寺由美子, 山下陽子, 須藤みず紀, 加藤由華. 女性勤労者のストレス・メンタルヘルスに及ぼす軽体操の効果. 第70回日本体力医学会, 和歌山. 2015年9月
  18. 須藤みず紀, 小見山高明, 青柳遼, 檜垣靖樹, 永松俊哉, 安藤創一. 疲労困憊運動による心理的・生理学的作用が認知機能に及ばす影響. 第69回日本体力医学会, 長崎. 2014年9月
  19. 安藤創一, 小見山高明, 國分雅大, 須藤みず紀, 清永明, 田中宏暁, 檜垣靖樹. 高強度の運動中にみられる周辺視野での反応の遅延は知覚能力の低下である. 第69回日本体力医学会, 長崎. 2014年9月
  20. 小見山高明, 安藤創一, 畑本陽一, 須藤みず紀, 清永明, 田中宏暁, 檜垣靖樹. 高強度運動が認知機能に及ぼす影響. 第69回日本体力医学会, 長崎. 2014年9月
  21. 平野雅巳, 松原建史, 森村和浩, 飛奈卓郎, 須藤みず紀, 檜垣靖樹, 進藤宗洋, 清永明. 乳酸閾値強度トレーニング時の発揮筋力と骨格筋毛細血管変化との関連. 第69回日本体力医学会, 長崎. 2014年9月
  22. 須藤みず紀, 安藤創一, 冨賀裕貴, 三好耕太, 田中宏暁, 狩野豊, 檜垣靖樹. 2型糖尿病骨格筋におけるダウンヒルトレーニングは運動誘発性筋損傷を抑制する. 第68回日本体力医学会, 東京. 2013年9月
  23. 小出誠一郎, 須藤みず紀, 佐藤義昭, 安田智洋, 中島敏明, 狩野豊. 運動中の筋酸素分圧および肥大因子活性に及ぼす血流制限の影響. 第68回日本体力医学会, 東京. 2013年9月
  24. 小出誠一郎, 狩野豊, 須藤みず紀, 安田智洋, 髙野奈実, 佐藤義昭, 中島敏明. 運動中の筋酸素分圧, 発揮張力, 肥大因子タンパク発現に及ぼす血流制限の影響. ラット加圧モデルによる検証. 第18日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 埼玉. 2012年9月
  25. 須藤みず紀, 安藤創一, 清永明, 田中宏暁, 狩野豊, 檜垣靖樹. エキセントリック収縮誘発性の炎症反応は2型糖尿病患者において増大する. 第67回日本体力医学会, 岐阜. 2012年9月
  26. 冨賀裕貴, 津布子拓弥, 江島弘晃, 安藤創一, 須藤みず紀, 田中宏暁, 檜垣靖樹. 1週間のマウス片脚ギブス固定誘発性筋萎縮は筋線維タイプにより異なる. 第67回日本体力医学会大会, 岐阜. 2012年9月
  27. 小出誠一郎, 狩野豊, 須藤みず紀, 佐藤義昭, 安田智洋, 中島敏明. 運動中の筋酸素分圧に及ぼす血流制限の影響. 第67回日本体力医学会, 岐阜. 2012年9月
  28. 小野寺直也, 須藤みず紀, 山口明彦, 狩野豊. 運動誘発性筋損傷—再生過程におけるVEGFの発現パターン. 第66回日本体力医学会, 山口. 2011年9月
  29. 須藤みず紀, 狩野豊. 糖尿病骨格筋の損傷-再生機構における筋細胞アポトーシス発生. 第65回日本体力医学会, 千葉. 2010年9月
  30. 小野寺直也, 須藤みず紀, 山口明彦, 狩野豊. 運動誘発性筋損傷VEGF mRNAの発現パターン. 第65回日本体力医学会, 千葉. 2010年9月
  31. 須藤みず紀, 狩野豊. 血流制限強度とエキセントリック収縮誘発性筋損傷の関係. 第64回日本体力医学会, 新潟. 2009年9月
  32. 芝口翼, 杉浦崇夫, 須藤みず紀, 狩野豊, 後藤勝正, 吉岡利忠. 伸張性収縮誘発性筋損傷からの回復過程におけるAkt-mTOR系の変化. 第64回日本体力医学会, 新潟. 2009年9月
  33. 須藤みず紀, 狩野豊. 血流制限を伴うことによりエキセントリック収縮誘発性筋損傷は抑制される. 第63回日本体力医学会, 大分. 2008年9月
  34. 篠原麻衣, 須藤みず紀, 狩野豊. 連続的な筋収縮後の末梢血管動態と交感神経系の関与. 第63回日本体力医学会, 大分. 2008年9月
  35. 須藤みず紀, 狩野豊. ラット運動誘発性筋損傷モデルの再生過程におけるアポト-シス発生. 第62回日本体力医学会, 秋田. 2007年9月
  36. 篠原麻衣, 須藤みず紀, 狩野豊. 糖尿病ラット骨格筋における運動誘発性筋損傷の組織学的特性. 第62回日本体力医学会, 秋田. 2007年9月
  37. 須藤みず紀, 狩野豊. エキセントリック収縮によるラット骨格筋のアポト-シスおよびBcl-2, Bax発現の経時的変化. 第61回日本体力医学会, 兵庫. 2006年9月
  38. 岩田浩, 須藤みず紀, 狩野豊. ラット後肢懸垂モデルにおける筋組織の酸素拡散機能と毛細血管形態. 第61回日本体力医学会, 兵庫. 2006年9月
  39. 須藤みず紀, 狩野豊. ラット骨格筋の運動誘発性アポト-シスにおける性差と運動様式の影響. 第60回日本体力医学会, 岡山. 2005年9月

趣味・スポーツ歴

スポーツ観戦・応援(ラグビー)

研究者として達成したいゴール

研究活動は、人生の縮図のようなものです。この研究を通じて、「運動-脳-骨格筋」に関する未知の部分を明らかにし、世界に新しい道を作ることが私の目標です。

その他

共同研究者

狩野豊 教授 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科

安藤創一 准教授 電気通信大学 大学院 情報理工学研究科

桧垣靖樹 教授 福岡大学 スポーツ科学部

出身研究室

電気通信大学 狩野豊 研究室

ページの先頭へ戻る▲