公益財団法人 明治安田厚生事業団

お問い合わせ

  • 公益財団法人 明治安田厚生事業団 03-3349-2828(代表)
  • 体力医学研究所 042-691-1163
  • ウェルネス開発室 03-3349-2741

平日9:00~17:00(年末年始、祝休日を除く)

健康づくり成果

プログラム成果

1. 身体活動量計でわかる、運動習慣のさまざまな変化

「歩くことは身体に良い」と頭ではわかっていても、ウォーキング習慣を身につけるのは難しいものですが、行動を変えやすい"しかけ"(行動変容技法)があると自然にできるものです。たとえば、「自分でできそうな目標を自分で設定する(ゴールセッティング)」「身体活動量計で歩数や運動量を測定・記録する(セルフモニタリング)」などが役立ちます。

ただし、日頃から活動不足の人と活動的な人とでは、ウォーキングの変化のしかたが同じではないことがわかりました。一歩一歩の着地衝撃の強さがわかるライフコーダを使って、活動レベル4段階の実施時間の変化を3週間にわたってみてみました。

日頃から「活動不足」なグループは、じっとしている時間が減って、低・中・高強度のいずれの活動時間も増加しました。「標準的」なグループは、じっとしている時間が減って、その分、速歩の時間が増えました。もともと「活動的」なグループでは、安静時間が減って、その分は普通歩行、速歩の時間に分散したようです。

日頃から活動不足な人と活動的な人は、活動状況の変化が異なる。
ページの先頭へ戻る▲