公益財団法人 明治安田厚生事業団

お問い合わせ

  • 公益財団法人 明治安田厚生事業団 03-3349-2828(代表)
  • 体力医学研究所 042-691-1163
  • ウェルネス開発室 03-3349-2741

平日9:00~17:00(年末年始、祝休日を除く)

健康づくり成果

プログラム成果

3. 運動の「量」だけでなく、「質」を高めることが大切

健康づくりには、身体活動量を「量」だけでなく「質」も確保することが重要なポイントです。生活習慣病や動脈硬化に対する運動の効果として、HDL(善玉)コレステロールが増えることがあげられます。

3ヵ月間の運動教室で、運動の「量」が大きいグループは、HDLコレステロールが増加していました。一方、量が小さいグループでも、「質」が高い人はHDLコレステロールが増加し、HDLが低下したのは「量」と「質」ともに小さいグループのみでした。HDLコレステロールが運動で増加するには、むしろ「質」が高いことの方が関連が大きいようです。

運動の「量」が少ないグループでも、
「質」を高めることでHDLコレステロールの増加がみられた。
ページの先頭へ戻る▲