公益財団法人 明治安田厚生事業団

お問い合わせ

  • 公益財団法人 明治安田厚生事業団 03-3349-2828(代表)
  • 体力医学研究所 042-691-1163
  • ウェルネス開発室 03-3349-2741

平日9:00~17:00(年末年始、祝休日を除く)

研究所レポート

「子どもの発育発達」第18巻1号に掲載

城所研究員の「子どもの座りすぎ解消を目指した取組み」に関する論文が採択されました。

掲載誌情報


掲載誌
子どもの発育発達

掲載号
2020;18(1):45-51

論文タイトル
Stand up in class:子供の座りすぎの解消を目指した学級での取り組み

著者
城所 哲宏

概要


「座りすぎ」が健康に悪影響を及ぼすことがわかってきていますが、一方、私たちの身の回りには「座らざるを得ない環境」が多いことも事実です。例えば、学校に通う子どもたちは、1日の大部分を過ごす学校内において、基本的に「座って授業を受けること」が求められています。そんな「座位中心の学習環境」を「より活動的な空間」へと変容することを目指し、私たちは、立ちながら作業ができる机(スタンディングデスク)を小学校学級に導入する取り組みを行いました(介入期間7ヵ月)。
結果、スタンディングデスクの導入により、学校内での座位時間が大きく減少したことが明らかになりました。さらに、児童および教員を対象とした質的調査により、デスク導入が児童の健康指標の改善だけでなく、学習活動にも良好な影響を及ぼす可能性が明らかになりました。「身体を動かしながら学習する」、そんな新たな学習スタイルが学校現場に普及していくことを期待しています。
ページの先頭へ戻る▲